カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/9/11 蓄積してきたもの

先日、友人とお話をする機会があり、いろいろとお話をさせていただきました。
 
まあ半分はカウンセリング状態になってしまったんですけどね(笑)
 
で、友人の話を聞いていて、私のなかにいろいろなアイデアが浮かんでくるわけです。
 
まあこれは昔からで、基本的に私は、アイデアを出すのは得意なんですよね。
 
ただ、それを実行に移すだけの力がないというか。
 
友人が企画していることに関して、いろいろとアイデアが浮かんでくるわけですよ。
 
そのときに気がついたこと。
 
それは、過去のいろんなことが、全部自分の糧となって、役に立っていることです。
 
この3年で一番力がついたのは、イベントの運営能力です。
 
ずっとそんな仕事してましたからね。
 
お陰さまで、イベントの運営に関しては、かなりのノウハウを蓄積することができました。
 
セミナーや講座を開催したい人には、私は非常に役に立つわけです。
 
振り返ってみたら、それがどんなに嫌なことであっても、辛かったことであっても、今の自分にとってはいろいろと役に立っているんですよね。
 
例えば、失恋の経験はとても辛い経験ではありますが、カウンセリングでは、はっきりと「そのやり方ではうまくいかない」ことを言うことができますからね。
 
過去にあったどんな経験も、自分では間違いだった、失敗だったと思っていることでも、それは未来の自分にとって、必ず役に立つわけです。
 
発明家や研究者は、たくさんの失敗を積み重ねていった結果、最後に成功や答えにたどり着くわけですよね。
 
ひとつの成功や答えに対して、たくさんの失敗が隠れているわけです。
 
昔、プロジェクトXという番組で、よくこのような話がありましたよね。
 
失敗なく成功する人は、ある意味運がいい人とも言えますし、もったいないとも思います。
 
失敗を経験した人でなければ、失敗した人の苦しみや、そこから立ち直る方法を理解することはできませんからね。
 
私がよく聞いたのは、「なぜできないかがわからない」ということばです。
 
それは、できる人にとては当たり前なので、できない人の気持ちはもちろん、なぜできないかがわからなくなるわけです。
 
私を指導してくれたいろんな師匠たちは、偶然ではありますが、なぜできないかがわかった上で、できるようになる方法を教えてくれました。
 
それがどれだけ大変な方法であっても、ね。
 
まあ私は人との出会いに恵まれてきましたからねぇ。
 
私自身が、誰かにとっての「よい出会い」になれることが、私のとってのひとつの目標かもしれませんね。

ページ TOPへ