カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/9/9 神の啓示か?

2016/9/3 とうとうこの日がやってきましたか・・・

というコラムで書きましたが、この時に登場した方が、またまた私に神の啓示(笑)を与えてくれました。

 

「中原さんは、働いてたくさんのお金を稼ぐ、というよりも、お金と同等の価値の、たくさんの「ありがとう」をいただく仕事がいいと思います。

 

広い意味で言うと人を助ける仕事?

とにかく、人とかかわる仕事がいいですね。」

 

・・・正直、この人は一体何だ? と思いましたよ。

 

まあ目に見えるものではなく、目に見えない、人の本質を正確にとらえる達人のようですね。

 

相変わらず、私の周りには、本物のスピリチュアルの人しか集まってきませんねぇ。

 

大体この方がここに登場するとき、といってもまだ2回目ですが、私の方向性が大きく変わる瞬間です。

 

今回は、自分の価値観、方向性、その意義について、再確認させていただいた感じですね。

 

私の基本理念は、斎藤一人さんの言葉

 

成功とは

助けた数である

「あなたのおかげで助かった」と

言われた数である

 

これがすべてなんです。

 

さらにこの方は、面白いことを言っていました。

「中原さんは、馬力がすごくあるから、小さな問題を扱うのではなく、大きな問題を扱うのに向いている。」

 

たとえるならば、自転車を吊り上げることができるクレーンと、大型コンテナを吊り上げるクレーンのように、吊り上げるものによって、クレーンの大きさと性能が変わってくるわけです。

 

自転車1台を吊り上げるのに、ガントリークレーンは使いませんからね。

 

これもまた見抜かれていたようです。

 

私は「普通のカウンセラーが扱えないクライアント」を、もともと得意としていますからね。

 

しかし、これだけのことを「私が見てそう思っただけだけど」という言葉で言ってのけるこの方は、本当にすごい人だと感じましたね。

 

私が、何より運がいいと思うのは、いつも「本物」の人と出会えることです。

ただし「本物」の人と、いつも仲がいいわけではありませんが(笑)

 

おかげさまで、人を見る目だけはあるんですよねぇ、私。

 

まあ、まだ結論を出してはいないわけですが、もうすぐ結論が出ることと思います。

 

あとはそれまで、私の精神と身体がもつかどうか、だけですねぇ(笑)

ページ TOPへ