カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/9/6 関連付け

最近、三線と一緒にエイサーも習い始めたのですが、なかなかに体に来ます(笑)
 
体力不足、運動不足、筋肉痛と、アラフィフにはこたえます。
 
もうすぐ池袋ふくろ祭りに参加するわけですが、私は三線で参加予定ですので、本来エイサーはやらなくてもいいんですけどね。
 
膝が悪くて、あまり長時間中腰でいることもできませんからね。
 
ただ、もともと打楽器奏者だった私ですから、やっぱ和太鼓は興味を引かれるわけですよ。
 
エイサーを習うようになって、よかったこと。
 
それは、エイサー曲の覚えが早くなりましたね。
 
やっぱ、歌って踊って演奏して、となると、覚えやすいと言いますか。
 
人は無意識で「関連付け」をしています。
 
カレーと言えば福神漬け
 
みたいな感じですね。
 
実は、この関連付けには得意不得意があります。
 
得意な人は、物事を関連付けて覚えたり、表現したりしますので、非常に物知りに見られたり、話題が豊富だったりします。
 
不得意な人は、なかなかうまく表現ができなくて、ちんぷんかんぷんな答えになったり、表現を諦めて黙り混んだりします。
 
しかし、これは不得手なだけで、実は関連付けさえできれば、すぐに表現力ができるようになるんですよね。
 
実は私は、それなりに意識しないと、この関連付けができません。
 
普段は全く意識していませんので、全く関係のない話をしてしまったり、それこそわけのわからないことに関連付けてしまって、話がおかしくなったりします。
 
つまり、私は本来、関連付けが不得意なんですよ。
 
それがなぜか、カウンセリングに関することだけは、異常に関連付けがうまくなるわけです。
 
言い換えれば、カウンセリングでしか、関連付けが使えないとも言えます。
 
役に立ちませんねぇ(笑)
 
この関連付けについて、ちょっと詳しく知りたいという方が降りましたら、10月23日開催の「感性を開くワークショップ Ver.2」にご参加ください。
 
関連付けに関するお話と実習を、たっぷりしたいと思います。

ページ TOPへ