カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

リスクについて

心理学講座「リスクについて」
 
皆さんは、「リスク」と聞いて、どのようなイメージを持たれているでしょう?
 
以前、TVチャンピオンで、ディレクターさんとリスクの話になったんです。
 
私がリスクについて説明したのですが、ディレクターさんが
「リスクって、どうもいいイメージじゃないんですよ。ですので、この言葉を使わないでいただけますか?」
と言われてしまいました。
 
その時始めて、リスクって、ネガティブにとらえるひとがいるんだ、という事に気がつきました。
 
実際に、リスクというのは、何かをするときのマイナス要因ですよね。
 
失敗するリスク
損をするリスク
うまく行かないリスク
予想外のことが起きるリスク
 
一番わかりやすいのが株式や投機でしょうね。
 
損をするリスクを背負いながら、株やお金のやり取りをする。
 
それがローリスク・ローリターンだったり、ハイリスク・ハイリターンだったりするわけです。
 
皆さんが理想とするのは
 
ノーリスク・ハイリターン
 
ですよね。
 
私だってそんなのがあれば、飛びついていますよ(笑)
 
しかし、世の中にリスクを伴わない事はありません。
 
何をしても、どう考えても、リスクは生じるわけです。
 
では、リスクを避けるためには、どうすればいいでしょうか?
 
答えは「なにもしない」なんです。
 
以前コラムでお話ししましたが、
チャレンジし続ければ、できない事もできるようになる
チャレンジしなければ、できないものはできないまま
というのがありましたが、チャレンジすると、必ずリスクが生まれます。
 
でも、リスクを負わなければ、現状を帰る事も、前に進む事もできません。
 
リスクマネジメントという言葉がありますが、この場合「生じるリスクとどう向き合っていくか」が大切です。
 
例えば、告白をしようと思うと、リスクを感じます。
これは「失恋する」リスクですよね。
 
告白しなければ「失恋する」リスクは軽減されますが、告白しなければ、「恋人になる」という進展も得る事はできません。
 
結婚にしても同様です。
人は無意識に、結婚に対するリスクを感じているわけです。
だから、なかなか結婚に踏み切れなかったり、結婚が具体化すると逃げ出したくなったり、できちゃった婚でないと結婚に踏み切れなかったりするわけです。
 
ある意味では、リスク回避しているとも言えますが、心の問題に関して言えば、リスクを負わないと、心は成長しないわけですよ。
 
これが心理学的な「リスク」の正体です。
 
まあこのリスクが怖かったり、嫌だったりで、抵抗が出るわけですけどね。
 
心の問題で、
ノーリスク・ハイリターン
はありません。
 
ただし、リスクを軽減する事ができます。
 
リスクを軽減する方法は、次回お話しいたします。
 
お楽しみに!

 

ページ TOPへ