カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/8/21 私の本心

さて、前々回のコラムで、嫌なものは嫌、というお話をしましたが、まあ問題の本質はそちらではありません。
 
本当の問題は、いつまでこの状態を続けるのか、という事です。
 
単純に言ってしまえば、カウンセリングのお仕事で充分稼げれば、いつまで仕事を続けるか、なんてことを考えなくてもいいわけですよ。
 
当然ですよね。
 
しかし、私は実力はあっても売れないカウンセラーですから、なかなかそういうわけにはいかないわけです。
 
先日、友人のヒーラーさんから、こういうことを言われました。
 
「中原さんの告知は、お客さんに来てほしいのか、来てほしくないのかわからない」
 
まさしくそのとおりです。
 
実際に、皆さんに参加していただきたい気持ちはあります。
 
しかし、受講する必要のない、もしくは必要を感じない人まで、わざわざ来ていただく事はありませんからね。
 
お金がもったいないですからね。
 
本当に来たい人か、必要な人が来ていただけた方が、私としてはうれしいわけです。
 
まあ商売という目線で見たときは、はっきり言ってダメなやり方ですよ。
 
しかし、どうしても受講生重視、クライアント重視で物事を見たとき、誇大広告や引き寄せるためのテクニックとか、集客テクニックとかは、どうも受け入れられないわけです。
 
はっきり言って、今セミナー業界などは、きちんとしたマニュアルがありますからね。
 
マニュアル通りの事をすれば、それなりの収益を上げる事は可能なんですよ。
 
でも、それは本当に受講生のためになるのか。
クライアントさんのためになるのか。
 
私にはこの答えがまだ解けていません。
 
昔、後輩だった人が、私にいいました。
 
「中原さんを待っている人がたくさんいるんです。そのために宣伝する事は悪い事ではありません。」
 
そのとおりだと思います。
 
でも、本当に必要なときに必要であって、普段必要のないときには必要ないわけです。
 
当たり前の事ですよね。
 
 
私は、私自身を「日常生活品」ではなく「防災用品」ととらえています。
 
備えるためや、本当に必要になったとき、たとえば、切羽詰まったり、追いつめられたりしたときに私は必要とされ、普段の日常では、私は必要ではない。
 
それくらい、私の存在は特殊なんだと感じています。
 
そのために、例えバイトをしてでも、現状を維持する事に意味を見いだしてきたわけです。
 
が、さすがにちょっと疲れました。
 
多分、私のやり方や考え方は、どこかが間違っていて、多くの人にとっては必要のないものなのでしょうね。
 
 
一部、必要な人たちももちろんいるのは、よくわかっています。
 
カウンセラーをやめないでください、というお言葉を何人かにいただきました。
 
今はその人たちのためだけにカウンセリングをし、コラムを書いている。
 
それはそれで意味がある事と感じています。
 
読んでくださっている方々には、感謝でいっぱいです。
 
 
5月頃には、7月まで続けられるかどうか、と話していました。
 
8月になって、10月まではなんとか続けられるだろう。
 
その先は、正直続けられるかどうか、わかりません。
 
続けられなくなったとき、私はカウンセラーを引退すると決めています。
 
今のところ、プロセスは私にカウンセラーを続けさせてくれていますので、とてもありがたいです。
 
 
いつ終わってもいいように
 
悔いが残らないように
 
一つ一つのカウンセリングを
 
今はただ
 
全力で向き合っていく
 
 
これが私の本心です。
 
お読みいただき、ありがとうございました。

ページ TOPへ