カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/8/18 願いや目標が見つからないときは

カウンセラーのような仕事をしておりますと、いろんな事からいろんな事を学ぶ事ができます。
 
もともと心理学は、生活に密着しているものですから、当然と言えば当然かもしれません。
 
先日、とあるアニメを見ていて、このような台詞がありました。
 
願いや目標はなくてもいい
始めるきっかけは何でもいい
大切な事は、自分から動く事である
動けば、何かが変わるし
誰かと出会う事ができる
そのなかで、自然と行き着く場所に向かわせてくれる
 
願いや目標は、後づけでもかまわないわけです。
 
目標がないから動けない。
自分の方向性がわからない。
何がしたい事なのか、見当もつかない。
 
こう感じる方は、たくさんいると思います。
 
私だって未だにそうです。
 
しかし、目標ができるまで、したい事が見つかるまで何もしないと、答えは導きだせません。
 
できない
 
そう思っても
 
チャレンジし続ければ、いつかはできるようになるかもしれません。
 
逆上がりができなくても、逆上がりを練習し続ければ、いつかはできるようになるかもしれない。
 
できないと思い、そこで練習をやめてしまえば、いつまでたってもできないままですからね。
 
チャレンジする。
 
たとえそれが自分の進む道と違ったとしても。
 
道が違う事がわかる事もまた、学びであり成長です。
 
まずやってみる
 
これは、とても大切な、成長の第一歩かもしれませんね。

ページ TOPへ