カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/7/31 興味を持つこと

先日、道を歩いていて、突然おばあさんに声をかけられました。
 
まあ普通なら誰だってちょっとびっくりしますよね。
私もびっくりしたわけですが、よく見ると、斜向かいに住んでいるおばあさんでした。
 
このおばあさん、とても気さくな方で、時々家の前で顔を合わせると、話しかけてくるんです。
 
今回もそうかな~なんて思っていたら、おばあさんは別の誰かと私を勘違いしたようでした。
 
で、それで話が終わるわけではありません。
 
そこから世間話になり、ほんのわずかな時間ではありましたが、楽しい時間をすごました。
 
人と関わるときに、ちょっとだけ大切なこと。
 
それは
相手に興味を持つ
ことです。
 
相手に対して興味を持つことができれば、自然と意識は相手の方に向きます。
そうすることで、実は相手も無意識で意識するわけです。
 
で、この方法を悪用したのが、いじめやいたずら、ストーキングなどですね。
 
相手を意識する方法は、相手に意識させる方法でもありますから、それが好意でも不快感でも、怒りでもいいわけです。
 
もちろん、これは相手の事を考えていませんから、結果相手に興味を持っている、とは言いがたいんですけどね。
 
相手の事をきちんと意識したとき、たとえ会話が続かなくても、関係はそれなりに構築が可能です。
 
ちょっとしたこと、些細な事でもいいわけですよ。
 
カウンセリングが全ての癒しの入り口であるように、興味を持つ事が、コミュニケーションの入り口かもしれません。
 
自分の意識がどこを向いているのか。
 
ここの気がつく事は、とても大切ですよ。

ページ TOPへ