カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

他人の意見に左右されないためには

お題をいただきました。

「他人の言動にいかに左右されないか、自己価値を高めるにつながるかもしれませんが、そんなネタがあるとありがたいです(≧∇≦)」

 

ということで、他人の言動に左右されないにはどうすればいいか、というお話をしたいと思います。

 

その前に、当然ではありますが、なぜ他人の言動に左右されてしまうのか、というのは見ておかないといけません。

まずはそのお話をしたいと思います。

 

他人の言動に左右されてしまう。

その理由は、いくつかあります。

嫌われたくないから

傷つきたくないから

自分に自身が持てないから

周りが気になるから

等々

まあいろいろあるわけですが、基本的には「自分が信頼できない」ところから来ています。

自分を信頼している人は、他人の言動に振り回されません。

だからといって、他人の言動を無視するわけでもありません。

自分を信頼しても、他人の言動を聞き入れない人は、ただの「がんこもの」です。

 

もちろん、その他にもいろんな要因があるわけです。

例えば、自分を信頼して、自分の言動を貫いたとします。

結果がよくなかったとしたら、責任は誰になるのでしょう?

自分ですよね。

 

しかし、他人の言動に左右されて、他人の言動を信じたとします。

結果が良くなければ、誰のせいでしょうか?

他人のせいですよね。

 

実はこんなところにも「責任を取りたくない」という心理が働いていたりします。

 

また、人によっては、他人の言動を信じ、結果がうまくいかなくなると、それを理由に自分を責め立てる人もいます。

この場合、私は「不幸で遊んでいる」と表現しています。

 

大切な事は、ここで皆さんが意識しているポイントがずれている事なんです。

本当に大切な事は、望んだ結果を出す事でしょうか?

 

確かに昨今は、結果を求める傾向にありますが、実はそれは心理的には二の次なんですよね。

 

本当に大切な事は、結果がどうであれ、そこまで自分の意志を貫き通したその過程にあるわけです。

 

例えば、資格試験を受験したとして、試験に通らなかったとします。

結果だけ見れば、望まない結果だったかもしれません。

でも、受験勉強をした、というその過程は、必ず人生のどこかで役に立つわけです。

 

私の知り合いで、ほとんど勉強しなくても、簡単に試験に合格してしまう人がいました。

それだけ見れば優秀な人ですよね。

 

正直、カウンセラーとしての実力も相当あったわけです。

しかし、この人は依存する事を好み、自分がリーダーシップをとる事を極端に嫌っていましたから、いつも人の意見に振り回され、できない自分を演じ続けていました。

 

こうなってはいくら優秀なカウンセラーでも、本人が気づいてやめようと思わない限り、どうする事もできないんですよね。

 

さて、やっと本題です。

 

他人の言動に左右されない、振り回されないようにするには、結果を意識しない事にあります。

 

振り回される人は、今ではなく、結果に意識が集中しているわけです。

この意識のポイントを、今に集中すれば、結果を意識しなくなりますからね。

 

で、簡単に言ってしまえば、熱中すればいいんです。

 

物事に熱中しているときは、周りに振り回される事はありません。

周りからどう見られたって気にしませんしね。

 

これは心の根っこに「嫌われる」恐れがあるからで、嫌われる事を恐れなければ、まあ周りは気にならないわけです。

 

いくら嫌われないように努力しても、それでも嫌う人はいますからね。

 

100人全員から嫌われないようにしようなんて、土台無理な話なんですよ。

そんな事をするより、自分を好きでいてくれる数人を信頼した方が、生きていくには遥かに楽です。

 

そしてさらに、自分の意見と他人の意見は、基本同じではない事を認めておく事でしょうね。

 

やり方が違う、求めているものも違う、個性も生きてきたバックグラウンドも違うわけですから、意見が同じになる事の方がそうそうないわけです。

 

以前心理学講座で、パートナーシップにおいて、相手と同じところを探すのではなくて、相手と違うところを受け入れていくことが大切である、という話をしました。

 

違いを受け入れていくと、自分と相手のどちらかの意見を選ぶのではなく、自分の意見と、相手の意見を融合した、新しい意見が生まれてくるかもしれないわけです。

 

このプロセスが、何より大切なんですよ。

 

見るべきポイントを間違えてしまうと、ただ単に自分を苦しめてしまうだけになりますから、ご注意くださいね。

 

ページ TOPへ