カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

好奇心とコミュニケーション

好奇心とコミュニケーション

 

人というのは、「自分と同じ」ところが相手にあることを感じると、親近感を持つ生き物です。

外国に旅行に行ったとき、同じ日本人に親近感を感じるみたいにね。

 

先日、とあるレストランの店員さんと仲良くなったのですが、仲良くなった理由が「お酒が飲めない」という共通点からでした。

店員さん曰く「お酒が飲めない人の気持ちを考えてコースメニューを考えても、わかってくれる人がいなかった」からだそうで、私もお酒が飲めないから、きっとわかってもらえると思ったそうです。

 

そのほかにも、同じ飲み会の席で、水曜どうでしょうのファンということでえらく仲良くなったり、同じ神戸出身ということで、ローカルネタで盛り上がったりと、まあよくあるわけです。

 

パートナーシップにおいても、相手と自分の「共通点」を見つけることで、人はどこか安心感を覚えます。

逆に、同じであることを望み過ぎて、違うことを認められなくなったりすることもあります。

 

心理学的にいえば、マズローの所属欲求にあたるのかもしれない、とか考えたりもするのですが、それ以上に「違いを受け入れられる」ことも大切だし、たくさんの「同じ」を自分の中に取り入れることも大切なのかな、という気がします。

 

それはいろんな経験や知識を幅広く蓄積することで、他人のいろんな話題についていけるようになる感じですかね。

 

これもお酒の席ですが、なぜか私の席の向かいに熱狂的な阪神ファンがいまして、85年の優勝時の話なんかをするわけですよ。

しかもマニアックな(笑)

まあ関西人なら85年は皆それぞれに思い出がありますから、相手の話に食いついていけるわけです。

今度はそこからそれぞれの野球思い出話に花が咲き、話題が膨らんでいく。

 

これらのすべては、好奇心あってのことなんですよね。

 

何かに興味を持つ。

それが一点集中であっても、分散して幅広くても。

 

何かに興味を持った分だけ、人にも興味を持つことができる。

 

興味のない事には全く反応しないのも当然ありです。

が、それを新しい興味の対象として、相手の話を聞いてあげると、これでコミュニケーションは出来上がってしまうわけです。

 

コミュニケーションが難しいと感じているあなた!

まずは興味を持って、相手に接してみてくださいね。

 

お知らせです

今まで書き綴った「心理学講座」の感想を募集しております。

感想やご意見、質問などありましたら、こちらのページから感想を送ってください。

感想はホームページなどで掲載いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

心理学講座一覧に戻る

 

 

 

ページ TOPへ