カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

リーダーシップの本当の力

リーダーシップの本当の力

 

リーダーシップは、イメージとして「孤軍奮闘」のイメージがあります。

しかし、本当に独りでリーダーシップの道を進むことはできません。

 

なぜなら、リーダーシップのプロセスの本当の意味は、

誰かの力を借りる」事にあるからです。

 

ですので、自立する事がリーダーシップではありません。

逆に、自立した人ほどリーダーシップのプロセスは険しくなります。

 

では依存すればいいのか。

 

これも正しくはありません。

 

正しくは「相互依存」なんです。

お互いがお互いの成長のために協力し合う。

一つの目標に向かって、みんなの力を集める。

これが正しいリーダーシップのあり方なんですよね。

 

リーダーシップをとるとき、まるで自分が孤立しているような、強い孤独感を感じます。

周りからはなかなか受け入れられないし、認められる事もない。

自分の進んでいる道が正しいかどうかもわからない。

それでも自分の選んだ道を信じて突き進む。

そうすると、必ずその想いに共感し、協力する人が出てきます。

全てを自分一人でこなす事は不可能です。

必ず、誰かの協力が必要になります。

 

それは、いろんな成功者の話にも出てきます。

アップル社のスティーブ・ジョブスにスティーブ・ウォズニャックがいたように、本田宗一郎に藤沢武夫さんがいたように、ソニーの森田さんに井深さんがいたように、お互いの持てる力を合わせ、協力する事で、目標に近づいていったわけです。

 

これは会社に限らず、例えば家族でも同じです。

幸せな家庭を築くために、子供を幸せにするために、夫と妻が力を合わせていく。

クラブ活動などで、県大会で優勝するために、部員全員で力を合わせる。

 

日常生活には、リーダーシップがあふれかえっているわけです。

 

リーダーシップの力とは、ある意味では「助けてもらう力」「協力してもらう力」といえるかもしれません。

 

みんなを引っ張っているように見えて、実はみんなに支えられている。

 

まさに、相互依存の関係が成立しているのが、リーダーシップというわけです。

 

 

お知らせです

今まで書き綴った「心理学講座」の感想を募集しております。

感想やご意見、質問などありましたら、こちらのページから感想を送ってください。

感想はホームページなどで掲載いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

心理学講座一覧に戻る

 

 

 

ページ TOPへ