カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

リーダーとリーダーシップはイコールではない

リーダーとリーダーシップはイコールではない

現在、サッカーの川崎フロンターレに所属する大久保選手を例にあげてみます。

大久保選手は、以前ヴィッセル神戸というチームに所属していました。

このチームで大久保選手は、リーダーとして活躍する事を期待されていたんです。

彼はヴィッセル神戸でリーダーとなるべく奮闘しました。

しかし、結果はうまくいきませんでした。

ところが、フロンターレに移籍してからは、得点王になるなど、目覚ましい活躍をしています。

神戸時代はけがが多かったなど、いろいろな要因があげられますが、私の目線から見て、大久保選手はリーダーとして活躍するより、リーダーシップをとってみんなを引っ張る方に才能があったと感じます。

 

リーダー=リーダーシップであれば、理想的ですし、問題はないわけですが、リーダー=リーダーシップと必ずしもなるわけではありません。

 

ストライカーが必ずしもチームリーダーである必要はないわけですよね。

 

もちろんキャプテンとしてチームを統率するのもリーダーシップですが、同じリーダーシップでも、チームをまとめるリーダーシップと、点を取る、勝つという行動を実践するリーダーシップは同じではないわけです。

 

そして、人それぞれ、自分が持つリーダーシップには得手不得手があるわけです。

 

裏方でリーダーシップをとるのがうまい人もいれば、表舞台に立った方がリーダーシップを発揮できる人もいるわけですね。

 

リーダーシップは決して万能ではなく、そのときの目的や状況、個人の持つ資質によって、発揮できたりできなかったり、必要だったり必要がなかったりするわけです。

 

もちろんリーダーにはリーダーシップを自然と求められます。

ですが、リーダーだけがリーダーシップを持っていればいい、というわけではありません。

 

多くの人は、リーダーに「完璧さ」を求めます。

ですが、完璧な人間などいません。

リーダーと言えど人間ですから、至らない点が多々あるわけです。

それをいかにして補うか。

それがリーダーを支える人のリーダーシップにゆだねられているんですよね。

 

リーダーがもつリーダーシップと、リーダー以外が持つリーダーシップがそこにはあり、リーダーをいかにして補うかが、リーダー以外の人たちがもつ責任と言えるでしょう。

 

リーダーを補佐する。

 

これも大切なリーダーシップの一つなんですよね。

 

 

 

お知らせです

今まで書き綴った「心理学講座」の感想を募集しております。

感想やご意見、質問などありましたら、こちらのページから感想を送ってください。

感想はホームページなどで掲載いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

心理学講座一覧に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ TOPへ