カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

リーダーシップに「傲慢さ」はありません

リーダーシップに「傲慢さ」はありません。

 

リーダーシップは、自分を信じて前に進んでいく事ですが、独りよがりになる事ではありません。

 

正しくいえば、リーダーシップの一つともいえるわけですが、それは反面教師といえるものです。

 

ものには、よい面と悪い面の二面性があります。

これはリーダーシップに限らず、全ての者に当てはまります。

これは、ダイナマイトを平和のために使うか、戦争に使うかというのと同じで、使う人の心によって選択されます。

 

よいリーダーシップと悪いリーダーシップの最大の違い。

それは、目的の設定の仕方と、みんなのためになるかどうか、という点です。

 

目的の設定が平和や幸せのためであればよいリーダーシップになりますが、欲を満たすためであれば、悪いリーダーシップになります。

 

また、目標がみんなのためになるのかどうか、そして、目的を達成するために誰かを不幸にするかしないか、その辺りをどこまで考慮できるかが、最大の違いになるわけです。

 

もう一つのポイントは、どれだけ自分の心が成長できるか、です。

リーダーシップの最大のテーマは目的に到達する事ですが、それと同じくらい、自分の心を成長させる事にあります。

 

心が成長するためには、いい事も悪い事も自分に身に起こります。

悪い事の方が多いかもしれませんね(笑)

 

ただ、心が成長した分だけ、人はあなたを信頼し、ついてきます。

あなた自身がみんなの「目標」になっていくわけです。

 

しかし、傲慢さを持っている場合、この場合自分のためだけの欲による行動ともいいますが、このときは誰もついていこうとは思わず、ただ依存したり、媚び諂ったりする人ばかりが集まるわけです。

 

よいリーダーシップか悪いリーダーシップか。

 

それは、その人の周りにいる人を見ればわかります。

よいリーダーシップをとっている人は良い人が集まりますし、悪いリーダーシップをとっている人は、それ相応の人が集まるわけです。

 

あなたの周りには、良い人がどれだけいますか?

そして、悪い人はどれだけいるでしょうか?

 

 

お知らせです

今まで書き綴った「心理学講座」の感想を募集しております。

感想やご意見、質問などありましたら、こちらのページから感想を送ってください。

感想はホームページなどで掲載いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

心理学講座一覧に戻る

 

 

 

 

ページ TOPへ