カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

 こころの「貯金」してますか?

今週はおそらく1年でも 、最も運気の悪い1週間となりました(T_T)

人にはバイオリズムというのがあります。

いい時もあれば悪い時もあります。

初めからわかっていれば、それなりの対策は取れるわけです。

それでも様々なミスやトラブルはきますけどね(笑)

 

月曜日からアポがあったのを度忘れしてすっぽかし、出すメール出すメールに誤字やミスが見つかり、添付ファイルは間違い、メガネやタブレットは置き忘れ、仕事の予定をダブルブッキングしてしまったりと、普段ありえないようなミスが続発しているわけです。

 

本当に疲れているのか、憑かれているのかわからないくらい、ひどい状況ですね(T_T)

 

それでも何とかなっているのが、すごいなと自分でも思うわけですが、これでもなんとかなるのは、今までの「貯金」があるからでしょうね。

 

この「貯金」というのは、今までに自分が積み重ねてきた「誠意」や努力、もっと簡単にいえば、自分がしてきたことが積み重なって、皆さんから赦されていたり守られていたりするわけです。

 

例えば、お店で働いているAさんとBさんが、注文を間違えるというミスを二人ともしたとします。

Aさんは店長から怒られ、Bさんは注意されますが、笑い飛ばされて終わり。

 

この差はなぜ起きるのでしょう。

 

実は、ちょっとした違いなんですよね。

決してAさんが仕事ができないとか、そういうことではありません。

例えば、Bさんはミスをしたときに、お客さんと店長にすぐ謝りに行きます。

Aさんは叱られるまで何も言いません。

 

一つ一つの仕事に対して、Aさんは一度聞いたことを自分の思い込み通りに仕事をして、Bさんはたとえ聞いたことであっても、何度も先輩に確認してミスを減らそうとする。

 

Aさんは与えられた仕事をきちっとこなす。けどそれ以上はやらない。

Bさんは、気が付いたことを手が空いた時に黙々と作業する。

 

Aさんは先輩の悪いところもまねる。

Bさんは先輩の悪いところを理解しつつも、できる限りまねないようにしている。

 

こんな書き方をしてしまうと、Aさんが仕事ができない人みたいに見えますが、そんなことはないんですよ。

覚えは早いし、仕事も早いし、動きも早い。人付き合いもいい。

一方のBさんは、覚えは悪いしちょくちょく物忘れはするし、動きも鈍い。ものもよく壊す。会計をよく間違える。人づきあいが悪い。

 

まあどちらも痛しかゆしなところはあるわけです。

 

それでも「赦される自分」であるということは、赦す側が「それくらいはまあいいか」と思ってもらえるくらい、積み重ねたものがある、ということです。

 

結果としては、AさんもBさんも愛されているんですけどね。

 

赦す側にも、赦される側にも、こころに「貯金」があったほうがいい、ということなのかもしれません。

 

それは「徳」という名の貯金であったり、「ゆとり」という名の貯金であったり、「愛」という名の貯金であったりね。

 

たとえ現実に貯金がなくても(泣)こころの貯金はしっかりと溜めておいた方が、人生そのものは豊かになるのかもしれませんね。

 

 

 

お知らせです

今まで書き綴った「心理学講座」の感想を募集しております。

感想やご意見、質問などありましたら、こちらのページから感想を送ってください。

感想はホームページなどで掲載いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

心理学講座一覧に戻る

 

 

 

ページ TOPへ