カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

ミスや失敗を繰り返してしまうのはなぜ? (その1)

ミスや失敗を繰り返してしまう

 

そういうことって、皆さんはありませんか?

私はたくさんあります(笑)

 

ミスをして、もうしないと心に強く誓っても、結局また同じミスを繰り返してしまう。

これって意外とへこむものですよね。

 

ミスを繰り返して、逆にミスに慣れっこになってしまうこともありますよね。

 

ではなぜ、人はミスや失敗を繰り返すのでしょう?

歴史の勉強をしていればわかることですが、ミスをしてしまうのは、ミスから学ばないから、という答えが導き出されます。

これはよく言われていることですよね。

 

しかし、どれだけミスから学んでも、それでもミスがなくならない時もあるんですよね。

 

例えば、トイレの電気を消し忘れる、というミスはすぐ直せるのに、財布を落とすというミスは直らない、とかね。

 

私の師匠はまあよく携帯電話をなくす人でした。

しまいには、自分の携帯をなくして、奥様の携帯を借りて使っていて、それすらも失くしましたからね。

それ以来、携帯電話を首から下げていました。

 

私によくあるのは、今のようにパソコンで文章を入力していると、必ずある言葉を入力した時に、入力ミスをします。

これはもう完全に癖になっていて、その癖になれてしまっているわけです。

 

日常生活に支障がなければ問題ないわけですが、

これが「しょっちゅう交通事故を起こす」とか

「レジの計算ミスを繰り返す」とか

「いつも恋愛で、同じパターンの人を好きになり、つらい別れをしてしまう」とかだと、

ちょっと日常生活に少なからず支障が出てしまいますよね。

まあ全部私のことですが(笑)

 

これらのようにミスを繰り返してしまう場合、そのミスがどの要因で起こったのかに気づく必要があります。

何を学び忘れているのか

自分の癖からミスが起きているのか

もっと別の原因からミスが誘発されているのか

 

これは私の個人的な考え方なのですが、ミスを繰り返すこと事体にはいろんな意味があると感じています。

 

①    それは何かを学ぶためであったり、

②    学びを忘れないため(戒め)であったり、

③    自己価値を低くする(自分を嫌いになる)ためであったり、

④    自分でも気づていない自分の癖であったり、

⑤    別の要因であったり(例えば、事故が起きやすい交差点とか)、

 

探せばまだあるかもしれません。

 

一番一般的なのは①で、失敗やミスから学ぶことは多いわけです。

一番簡単にスキルを上げる方法かもしれませんね。

ただ、失敗から学ぶ姿勢がある人に限られますけどね。

 

私の場合は、②③④が圧倒的に多いですね。

 

これはごく最近に気が付いたことなのですが、私は自分が近視で乱視で老眼だと思っていました。

ところが、なんと遠視もあったわけです。

このことに気が付かなかった結果、実はある角度の視野に関してよく見えないんですよね。

つまり、必ず「死角」があるわけです。

意識していれば問題ないわけですが、まあ気が付かない分、交通事故を起こしやすいわけですよ。

 

また、私は集中型の思考をしておりますから、同時に二つのことをこなすことができません。

同時に二つのことをすると、必ずミスが起きます。

これらが、上記の④に該当します。

 

また、私は「のど元を過ぎれば熱さを忘れる」性格をしておりますので、忘れないためには、都度戒めが必要になるわけです。

これは②に該当しますよね。

 

極めつけは、何かいいことが起きそうになると、大ポカをやらかして今まで積み重ねたものを全部壊してしまう。

これはどう考えても、③に該当しますよね。

 

さらに、個人的な欲を持った時は最悪で、本当に全部をなくします

(笑い事ではない)

これは正直、外的要因もあるのでは、と感じております。⑤に該当するのかもしれませんね。

 

さて、ここまで気が付いたら、ミスを減らすための対応が求められるわけですよ。

 

続きは、次回お話しいたします。

お楽しみに!

 

 

 

お知らせです

 

今まで書き綴った「心理学講座」の感想を募集しております。

 

感想やご意見、質問などありましたら、こちらのページから感想を送ってください。

 

感想はホームページなどで掲載いたします。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

心理学講座一覧に戻る

 

 

 

ページ TOPへ