カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/2/27 テレビ出演の裏側の裏側で・・・

さて、以前コラムでもちょこっとお話をしたのですが、本を出版しませんかというお話がありました。

ちょうどテレビのお話が来たのと時を同じくしてね。

だから忙しかったわけです。

テレビの仕事をして、普段の仕事もして、さらに出版のお話もして。

そりゃ疲れますわ(笑)

風邪をひかないのが不思議なくらいですね。

 

これまでも出版のお話というのは何回もあったのですが、どれ一つとして出版に至ったことはありません(笑)

 

縁がないのでしょうねぇ。

 

今回は一応企画書も書いて(しかも5個!)企画会議もしてもらって、そのうち3つが会議を通ったということで、もう本を出せる一歩手前だったんですよねぇ。

 

しかし、そうは問屋の卸業者(なんのこっちゃ)

 

最後の最後で、流れてしまいました。

 

まあそれもプロセスということで受け止めておりますが、これほど縁がないというのもなかなかに笑えます。

 

私の元同僚やクライアントさんでさえ、本を出しているのにねぇ。

 

まあ死ぬまでに一冊くらい出せればいいか、くらいの気持ちでのんびり構えておりますが、実際にそのころにはペーパーメディア自体がなくなっている可能性もあったりして(笑)

 

私自身、実はあまり本を読む方ではありません。

影響を受けやすいんですよね。

本との出会いというのは、人との出会いと同じくらい、強い影響力を持つことがありますから、逆に良くない本と出会うと本当にしんどくなります。

 

そういう意味では、去年出会った本は当たりが多かったですね。

多くはホームページのお勧め本のコーナーに掲載しておりますので、良かったらご覧ください。

 

でも、よくよく考えてみたら、私が書く文章って、本にすると非常に読みにくいかもしれません。

 

これは私のすべてに当てはまることなのですが、たとえ決められた枠内であっても、基本自由度が低いと、私は全く力が発揮されないんですよ。

もちろん決められたルールを守るのも私は得意です。

しかし、すぐに飽きちゃうわけですよ。

 

この「飽きっぽさ」と上手に付き合っていかないと、私の場合続かないんですよね。

同じように、強制も苦手です。

納得できれば強制とは感じないのですが、納得できないものはどんなことであっても強制としか感じなくなります。

そう考えたら、カウンセラーを15年もよく続けてますなぁ。

 

あ、私って、扱いにくい人間なんですねぇ。

今気づきました(笑)

 

気付きがあったところで、本日はお開きといたします<(_ _)>

 

告知です

3月6日開催のワークショップ、まだ残席がございますので、お申し込みをお待ちしております。

2月中にお申込みいただきますのと、割引価格で参加可能となります。

皆様のお越しを、お待ちしております。

講座内容、及び申し込みはこちらから

ページ TOPへ