カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/2/12 あなたな~らどうする~♪

それは、とある勉強会の帰りのことでした。

 

私は普段、無駄遣いをしないように、その日に持ち歩くお金を財布に入れるようにしています。

でないと、珍しいものがあったらすぐに買ってしまうたちなのでね(あほ)

 

で、その日も必要な分を財布に入れたのですが、まあ物事は予定通りにはいかないものです。

 

勉強会が終わった時には、財布には千円もありませんでした。

 

その状態で食事もご一緒して、電車に乗るころには財布の中身は11円Σ(・ω・ノ)ノ!

 

まあ電車に乗るだけなら大丈夫だろう。

 

この考えが甘かったですね。

 

ふと気になって、交通系ICカードを確認したら、なんと目的地の駅までたどり着けない!

 

当然ですが、ATMが電車内にあるわけもなく、お財布も風前の灯火。

 

こんな時、皆さんはどうするのでしょう?

 

とにかくいける駅まで行って、歩いて帰る?

途中下車してコンビニに行って、お金をおろす?

家族や友達に連絡して、お金を持ってきてもらう?

 

まあ方法はいくつかあります。

既に時間が遅かったのし、疲れていたので歩くのはパス。

今や家族も友人もいない私(泣)

誰かに頼ることもできず。

 

財布の中を除いた時、あるものが目に留まりました。

回数券です。

三線の練習に通うために買っていた回数券があったんです。

そこで、回数券が使える駅まで行って下車し、その駅から回数券で乗り込んで、なんとか事なきを得ました。

 

まあ焦りますよねぇ、こんな時って。

 

予定外のことがいろいろと重なって、なかなかなスリルを味わうことになりました。

でも、どうにかできると思ったら、どうにかなるもんですねぇ。

今から考えたら、大きな駅に行けば駅の中にATMがある場所もありますしね。

いざとなったらどうにかなることなんですよね。

というより、どうにかできる、と思っていたから、どうにかできたのかもしれません。

 

よく「機転を利かせる」とか「アイデアを出す」というのは、心のどこかで「どうにかできる」と信じているから出てくるんですよね。

あきらめたら、それ以上は考えませんからね。

 

それでもどうにもならない時は、自分一人ではできないことなので、誰かに協力をお願いする必要があるわけです。

 

正直、あきらめたほうが楽なことも世の中にはいっぱいあります。

それでもあきらめられないのは、果たして目標へ向かう姿なのか、それとも執着なのか。

その答えは、結果が出てからでないとわからないわけです。

 

人事を尽くして天命を待つ

 

人生、まさに学ぶことだらけですね。

 

というわけで(何が?)、3月6日(日)に開催致します

コミュニケーションを楽しく学べるワークショップ

今回のお話にも関係のある、コミュニケーションに必要なちょっとした小話なんかもあるかもしれません。

興味がある方は、ぜひお越しくださいませ。

ページ TOPへ