カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/1/26 落とし物、忘れ物

三線の練習の前に、時間があったのでよくいく喫茶店で時間をつぶそうと思いました。

店に入って荷物を置こうとすると、テーブルの下に何かがあります。

どうやら買い物をした袋のようでした。

そういえば、今席を立った女性とすれ違ったよなぁ。

見た目高そうな買い物袋でした。
私はお店の三階から、一階まで買い物袋を持って走りました。
運が良ければまだ間に合う。

運が悪くても、お店の人に預けておけばいい。

一階についたら、ちょうどさっきの女性が忘れ物に気付いたらしく、お店に入ってきたところでした。

無事に買い物袋を渡す事ができ、ほっとして自分の荷物がある三階まで戻りました。

最近、忘れ物によく出くわします。

居酒屋さんに買ったばかりの青森特産品を生き忘れた人を最近見かけました。

私はといえば、先日水筒を三線教室に忘れちゃいました(あほ)

今回の忘れ物は、無事本人の元へ戻りましたからよかったですが、忘れ物をしてそのまま戻ってこない事なんかもよくある事ですね。

なくしものや落とし物は、その人の悪い運を一緒に持っていってくれる、と私はよく聞きました。

なくしたり落としたりしたら当然へこむわけですが、それ以上に自分の悪い運やよくないものを一緒に持っていってくれるのであれば、それはそれで意味がある事かもしれませんし、結果として自分いとってはプラスなのかもしれませんね。

ものを落としたりなくしたりと、それは事実です。

しかし、事実をどうとらえるかは、自分で選べるわけですね。
というより、自分で選んでいると言った方がいいでしょうか。

落とし物をしてへこむ、という選択もあり、落とし物をして「悪いつきものを落とした」という選択もありです。

実は人生って、こんな感じでたくさんたくさん選択をして生きているんですよねぇ。

お後がよろしいようで。

ページ TOPへ