カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

論理的に感じる心理①

論理的、という言葉って、聞いたことありますよね。

 

では、論理的って、どういうことを言うのでしょうか?

 

デジタル大辞林では

 

論理に関するさま。
論理にかなっているさま。きちんと筋道を立てて考えるさま。

 

となっているわけです。

 

まあそのまんまですよね。

 

ただ、実際には論理的でないのに、論理的に感じてしまったり、論理的に聞こえるものがある、と最近感じるわけです。

 

私個人の見解として、論理的とは

 

話していることに対して、裏付けや証拠があり、内容を補完できている状態

 

と捉えています。

 

それ以外に、

 

筋道が通っている、話のつじつまが合っている

 

というのも、論理的と言えるのかもしれません。

 

相手を論破するのが論理的だ、というわけでもないし、論理的なのが正しい、というつもりもありません。

 

ただ、言葉で巧みに人を騙す人って、コールドリーディングを利用するように、聞き手に

 

論理的な内容である

 

と感じさせることが上手いのかな、と感じるわけです。

 

で、なぜそう感じてしまうのかというと、野球のストライクゾーンに例えます。

 

ボールがストライクゾーンを通過すれば、それはストライクとなるわけですが、ストライクゾーンって、そこそこ広いんですよね。

 

昔9枚のボードをボールを投げて抜く、なんてゲームがありましたが、9枚のボード全部がストライクなわけです。

 

でも、5番のど真ん中のボードが論理中の論理である「真理」や「真実」であったとして、その他の番号には、ストライクゾーン(論理的)なんだけど、ちょっと論理から外れている部分もあったりするわけです。

 

また、野球なんかで、ボール球を空振りしてしまうとストライクになっちゃいますよね。

 

論理的じゃないのに、論理的に感じてしまったり、騙されたりするのって、この空振りみたいな「論理性」なんじゃないかな、と感じるわけです。

 

次回に続きます。

 

ページ TOPへ