カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/11/17 もしかしたらショックかもしれない

毎年この時期になりますと、気管支を痛めてしまいます。

 

今年も多分にもれず、気管支を痛めてしまいました。

 

咳をすると、血の味がするんですよねぇ。

 

なかなか忙しかったので、龍○散でごまかしていたのですが、さすがにしんどいので医者に行くことにしました。

 

で、土曜日。

 

この日はいろいろと荷物が届く日で、午前中業者が来るのを待っていたんです。

 

でも、なかなか来ない。

 

土曜日の診療は午前中の診療所が多いわけですから、なかなか必死ですよ、私も。

 

で、最終的に来たのが11時45分。

 

いやいや、遅すぎでしょう(笑)

 

そこから咳をしながらダッシュで診療所に行ったら、なんと「受付は11時まで」の張り紙が!

 

仕方がないので、13時まで診療をしている病院(さらに歩く)を目指すことにしたわけです。

 

で、無事に到着して診察を受けたわけですが、まあこのお医者さんが変わった人でねぇ。

 

まず、まともに診療しているように見えない(笑)

 

健康状態を話したら、いきなりなんだかんだと言い出して、とりあえず熱があるかどうかだけを確認。

 

その間、ステロイドをすぐに出す医者がいるがあれは良くないとか、まあいろんなことを言ってくるわけですよ。

 

変わったお医者さんだなぁ、と思ったわけです。

 

とりわけショックだったのが、次の一言。

 

アレルギーかもしれないよ。

 

毎年この時期に気管支が延焼するのは、花粉症かダニやハウスダストなどのアレルギーの可能性がある、ということでした。

 

とうとう私も花粉症の可能性が出てきましたか。

 

今まで野生児でなんとかやってこれたんですけどねぇ。

 

ま、ハウスダストなんかの可能性もありますからね。

 

一度ちゃんと診てもらう必要がありそうですなぁ。

 

ページ TOPへ