カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/11/5 娘ちゃんの話二つ

さて、娘ちゃんは私の名前を知りません。

 

9月になって突然現れて、いっぱい遊んでくれて、いっぱいお土産をくれるおっちゃんと思っているようです。

 

最初の呼び名はもしもしさん。

 

彼女と話をしている時に割り込んできて、もしもし〜と私が話しかけるから、もしもしさんと呼ばれるようになったそうです。

 

ところが、10月に連日会っていた時、ちょうど中日に、娘ちゃんが私のことを「ヘビしゃん」という呼び方をしたそうです。

 

なんでヘビしゃん?

 

そう思いますよね。

 

私もそう思います(笑)

 

実は同じ日に、彼女と蛇神様の話をちょこっとしていたんです。

 

その直後に娘ちゃんが呟いたので、彼女は大層驚いたそうです。

 

さて、娘ちゃんには私がどのように見えているのでしょうねぇ。

 

今後娘ちゃんと関わっていくにつれて、この謎が明かされていくんでしょうかねぇ。

 

 

実は娘ちゃん、食べられるものが少ないんですよね。

 

かなりの偏食で、味付きのものはほとんど食べられません。

 

まあそれも徐々に克服されてきているのですが、お菓子なんかは、かなり選ばないと全く食べないんですよね。

 

例えば、お土産に持ってきたハッピーターンなどは、珍しいのもあって一口かじってみるわけです。

 

そしたら、動きが一瞬止まったかと思うと

 

ブ〜ッ

 

と口から吐き出すんですよね。

 

ですので、持って行くお菓子には細心の注意を払っています。

 

私が100円ローソンで求めていたものも、何より娘ちゃんが食べられる数少ないお菓子でしたからね。

 

この旅行中、現地のコンビニで、これならいけるんじゃないかというクッキーを見つけたんです。

 

で、そのクッキーをお土産にあげて、食べてもらったんです。

 

そしたら、かなり気に入ってくれましてねぇ。

 

全員で1枚ずつクッキーを食べて、残りをテーブルに置いておいたのですが、突然娘ちゃんが忍び足で私の後ろをす〜っと通りすぎ、テーブルに置いておいたクッキーの袋をそっとつかみ、そのまま特等席のテレビのキャビネットに座り、お菓子を独り占めして食べ始めたんです。

 

もうその時の行動がおかしくってねぇ。

 

とにかく食に興味を示さない娘ちゃんだったのですが、このクッキーに関しては相当気に入ったみたいです。

 

私の後ろを忍び足で通り過ぎたのは、欲しいと言ったらママからダメ、と言われる可能性があると判断したからでしょうね。

 

やっぱり、子どもの行動や言動って、見ていて飽きないし、すごく勉強になります。

 

今回の旅行で、娘ちゃんとはすごく仲良しになりました。

 

これで少しは、パパと認められたかな?と勝手に感じている私でございます(笑)

 

親バカですみません(笑)

 

ページ TOPへ