カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

選択肢の多様性

あ、もうこれはダメだ!

 

そう思うことってありますよね。

 

いくら考えても答えが出ない。

 

どうやっても突破口が見つけられない。

 

そう感じた時、皆さんはどうしますか?

 

諦める、やめてしまう。

 

こういうのも、選択の一つです。

 

で、それ自体も問題のない選択でもあります。

 

後で大変なことになることもありますけどね(笑)

 

行き詰まった時、それは、今の自分ではここが限界、という意味でもあります。

 

でもそれって、より成長した自分だったら、どうなんでしょう。

 

もしかしたら、できるようになっているかもしれない。

 

もう少し時間をおいたら、何らかの解決法が見つかるかもしれない。

 

つまり、今の自分ではなく、成長した自分に問題を任せてしまおう、という選択があるわけです。

 

簡単に言えば、問題を先送りにしてしまうわけです。

 

ただし、先送りにしてそのまま、ではありません。

 

その問題が解決できる自分に、その間に成長してしまおうというわけです。

 

そうすれば、問題が解決しやすくなりますよね。

 

問題を一旦保留にする。

 

それは、問題を捨ててしまうのでもなく、なかったことにしたり、忘れてしまうのではなく、熟成するまで待つ、という選択です。

 

今目の前にある問題に対して、どうしようもないと思ったら、まずいろいろ行動してみる。

 

それでもダメだったら、熟成させて、その問題に対応できる自分になるまで待ってみる。

 

そうやって、問題に対応できる自分に、成長していくわけです。

 

このような選択肢を持ってみるのは、いかがでしょうか?

 

ページ TOPへ