カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

自分に誠実に生きるとは

自分に誠実に生きることと、妥協すること。

 

選択は他にもあると思います。

 

世の中うまく渡って行こうとしたり、楽な生き方をしようと選択したら、妥協した方がいいわけですよ。

 

楽ですからね。

 

でも、楽であることと、幸せであることは、必ずしもイコールではない。

 

じゃあ、誠実に生きることの方がいいのか?

 

これも、痛し痒しなんですよ。

 

誠実に生きた結果、得られるものって少ないのかもしれません。

 

得られるものは、自分の思いを貫いたという矜持だけ。

 

それでも、誠実に生きるという選択には、私はメリットがあると思っています。

 

ここで注意点ですが、誠実に生きるというのは、自分嘘をつかず、人に対して誠実に、正面から向き合い、自分の思いをブレさせないこと、という定義と考えてみてください。

 

面白いのが、自分と人に対して誠実に向き合った結果、ほとんどがお互いにとって最高の結果が得られます。

 

誠実であることって、人と信頼関係を築いていくためには、必要不可欠のものなわけです。

 

ただ、それが自分の私利私欲のためであっても、同じ結果が得られる時があります。

 

言い換えれば、誠実でなくても、信頼関係を得ることは可能なんです。

 

しかし、この場合どこかで必ずほころびが生まれます。

 

結果として、自分自身のためですから、どこかで信頼関係を壊す行動をします。

 

これが自分に誠実であるかどうかの違いなんですよね。

 

自分のため、というのは、他人は入っていないわけですからね。

 

実際に自分に誠実であったかどうか

 

それは、結果が教えてくれます。

 

誠実に生きることは、決して楽なことではありません。

 

それでも、誠実に生きることは、自分に誇りを持つことができる、大切な生き様なのかな、と私は感じます。

 

皆さんは、自分に誠実に生きていますか?

 

ページ TOPへ