カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

理想のパートナーシップとは

パートナーシップって、愛という名の荷物を二人で抱えながら歩くことなのかな、と最近感じます。

 

カウンセリングしている時に、クライアントさんにこう聞いてみたんです。

 

例えば引越しするとして、アップライトピアノを、一人で運び出せますか?

 

皆さんもお分かりだと思いますが、まず無理ですよね。

 

ただ運ぶだけなら、怪力でできる人もいるかもしれませんが、ピアノを壊さずに一人で運び出すのって、たぶん不可能なわけです。

 

最低でも2人。

 

ピアノだったら、それ以上の人手がいるかもしれません。

 

私は、愛って、こういうものじゃないかと感じるわけです。

 

一人で乱暴に運ぼうとしたら、愛は壊れてしまう。

 

二人で優しく抱きかかえ、慎重に移動させていくのが、愛なのかな、とね。

 

そして、二人で持ちきれない時は、友人だったり、親だったり、子供たちに手伝ってもらう。

 

そうやって、愛を育み、運んでいく。

 

パートナーシップのあり方って、こんな感じかな、と感じるわけです。

 

もちろん、これが全てというわけでもないし、カップルそれぞれに愛の形はあるわけですから、必ずしもこうあるべきとは思わないんですよね。

 

でも、最低でも二人が協力し合わないと、愛は育たないし、運べない。

 

何を育てるのか、何を運ぶのかはそれぞれが決めること。

 

お互いが力を合わせて、呼吸を合わせて、相手に配慮し合い、愛という名の荷物を運んでいく。

 

私にとって、これは理想のパートナーシップなのですが、皆さんはどう思いますか?

ページ TOPへ