カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

愛について1

今回も立教大学の大野久先生からお話を伺ったことで、愛についてのお話がありました。

 

まあ非常に壮大なテーマですよね。

 

で、大野先生のお話では、まず愛と恋との違いからでした。

 

一つ目は、

 

愛は無条件である。恋は条件がある。

 

人を愛するとき、条件なんて後付けなんですよね。

 

そこには、最初無条件での愛があるわけです。

 

そして、愛がある限り、無条件で相手に与えていくことができるわけです。

 

親が子を愛するなんて、まさにその典型例ですよね。

 

その無条件の愛が、相手との信頼感を育てていくわけです。

 

一方、恋した時は、大概がルックスだとか、背が高いとか、胸が大きいとか、頭がいいとか、なんらかの条件があるわけです。

 

初恋やアイドルに恋をする、というのが一つの例ですよね。

 

二つ目は

 

愛はオンリーワンで、恋はナンバーワン。

 

愛って、替えがきかないんですよ。

 

もちろんまったくというわけではありませんけどね。

 

その人でなければいけない、という想いがあるわけです。

 

でも、恋はいくらでも替えがききます。

 

一途に初恋を追い求める人ももちろんいるわけで、その場合初恋ではなく初愛といったほうがいいかもしれませんが、やっぱり恋は次々とできるわけですしね。

 

さらに、愛は相手の欠点も含めて、全部受け入れられるわけですが、恋は相手の欠点を受け入れることが、なかなかできなかったりします。

 

そして、三つ目が

 

愛は相手の幸せが自分の幸せと感じられる

 

ということです。

 

恋についてのレクチャーはなかったので、愛だけのお話になります。

 

相手が幸せであることが、そのまま自分の幸せとして受け入れられる。

 

自分の例で言いますと、クライアントさんがカウンセリングを受けながら、すごく努力して、問題を克服して、幸せになったとします。

 

カウンセラーとしては、この時が一番うれしくて、感無量なんですよ。

 

もちろんカウンセラーとしての報酬をいただいていますので、無条件と言い難いところはあるのですが、それでも、クライアントさんの幸せになった姿を見て、本当に心から幸せを感じられるんですよね。

 

次回は、このことを踏まえた事例を少し紹介します。

ページ TOPへ