カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/7/9 神戸帰省

6月中旬に、久々に神戸に帰省いたしました。

 

本当は5月に帰省の予定だったのですが、まあ大災難に見舞われましたのでね。

 

帰省どころではなくなってしまったわけです。

 

で、今回の帰省は、引越しなどいろいろな報告をすること、実家に置いてある荷物を回収すること、などが目的となります。

 

同時に、神戸の友人たちと会うのも、目的にあるんですけどね。

 

約1年半ぶりですねぇ、友人たちと会うのは。

 

友人たちにも色々あったみたいで、まあ皆さん大変だったんだねぇ、という感じですね。

 

この1年半の間にも、いろんなことがあったなぁ、と感じるわけですよ。

 

自分の周りでもね。

 

いいことも悪いことも、それこそ怒涛のように起こった1年半でした。

 

まだ続いていますけどね(笑)

 

特に5月はきつかった(大笑)

 

笑って話せる分だけ、まだマシになったと言えるわけですが、それでもまだ問題が片付いたわけではないので、大変なのは続いているんですけどね。

 

自分ではどうしようもない問題に直面した時って、まあ誰しもが誰かの力を借りることになるわけです。

 

そしたら、なかなか自分の思い通りには進んでくれないものですよね。

 

結果として、すごい忍耐力を試されるわけですよ。

 

そんな時、何かが心の支えになると、何とか踏ん張れるんですよね。

 

私の場合、友人の支えとカウンセリング。

 

これがあったから、何とか乗り切れたわけですが、通常の場合だと、パートナーとか、家族とかが支えになるわけですよね。

 

でも、得てしてそういう時って、家族に八つ当たりすることの方が多かったり、浮気などに逃げたりすることも、よくある話だったりします。

 

耐えるって、実はかなり難しいことなのかもしれませんねぇ。

 

ページ TOPへ