カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/6/5 おおらかな時代だったんですよ

先日、友人と話をしていて、中学の時の話になったんです。

 

で、ふと思い出したのが、数学の先生のこと。

 

以前の同窓会でも話に出てきたし、父親もこの先生のことはよく覚えているんです。

 

私自身、特に何とも思っていなかったのですが、よくよく考えてみたら、実は私、この先生からいじめにあっていた可能性があったんだなぁ、と気がついたわけです。

 

先生的には、ノリと冗談半分で、いじるためにやっていたというのは当時からの私の見解です。

 

そう思っていたので、先生が私にしていたことをいじめもどきだとは思わなかったんですよね。

 

でも、父親はその先生が私にしたことに対して、未だに怒っていますし、以前の同窓会でも「こんなことあったね〜」と一応笑い話になはなるものの、クラスの連中にとっては忘れられない事柄になっているくらい、インパクトはあったんですね。

 

まあ私がその先生からされた事をいくつか挙げますと。

 

私の誕生日の時にその先生の授業があって、宿題を忘れた人は頭をゲンコツ(当時はそういったことが全く問題にならない時代でした)だったのですが、誰かが今日は私の誕生日だと先生にバラし、私だけ歳の数だけ頭を叩かれました。

 

他にも、当時学校では紙資源を集めていて、それを業者に引き取ってもらって、備品購入に充てていたのですが、その時週単位で、どのクラスが一番紙資源を持ってきたか競い合っていて、ある時その先生のクラスが1位をとったんです。

 

で、私のクラスの授業中に先生がそのことを自慢して、そしたらクラスに対して、

 

「次の資源回収で私のクラスが1位になれなかったら中原が逆立ちで校庭を一周する」と勝手に約束されちゃいまして。

 

私はその時、クラスメイトが私の逆立ちを阻止するのに協力してくれるとは思っていなかったので、さてどうしようか、とずっと悩んでいたんです。

 

で、クラブ活動をサボって一旦家に帰り、家にたんまり溜まっていた雑誌を抱えて学校まで運びました。

 

後で重量を計ったら、その雑誌だけで24キロありましたね。

 

結果は、皆の協力もあって、私のクラスはダントツの1位。

 

罰ゲームとして、先生が逆立ちで校庭一周させられていました。

 

今となってはいい思い出ですし、笑い話になっているわけですが、これって今の時代だったり、ちょっと心の持ちようが違っていたら、先生にいじめられていると解釈してもおかしくなかったでしょうねぇ。

 

ま、昔はそれくらいおおらかな時代だった、ということにしておいてください。

 

一応当時の事情を知っている同級生も、このコラムを読んでいますのでね(笑)

 

ページ TOPへ