カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/6/3 2組のカップル

道端で休憩をしながら、道行く人を人間ウォッチングしておりました。

 

そしたら、とあるカップルが眼の前を通り過ぎます。

 

ゴスロリ系の服を着た色白の別嬪さんの女性と、背の低くて小太りな、ひげ面のヲタク系男性。

 

二人は目を合わすことなく、硬い表情のまま、一言もしゃべることなく、目の前を通過していきます。

 

ただ、お互い手を固く握り合っていました。

 

そのカップルが通り過ぎた後、別のカップルが通り過ぎていきます。

 

学生さんらしいそのお二人。

 

笑顔で何かを話しながら歩いているわけですが、女性が手を握りたくて出しているにもかかわらず、男性は手を出すものの、手が触れては少し離し、というのを繰り返して、なかなか手を握り返さない。

 

なんかねぇ

 

この二組のカップルが、あまりにも対照的で、印象に残ったんですよねぇ。

 

それぞれのカップルになれ初めがあり、二人で超えていかなければいけない課題があり、お互いを思いやる時も、時にはぶつかる時もある。

 

そんな中で、相手をどれだけ愛しているか、相手からどれだけ愛されているかを感じながら、関係を進めていく。

 

二組のカップルも、これからどのような未来が待っているのかを想像して、皆に幸あれ、と思ってしまう私です。

 

人のこと気にしている余裕なんてないはずなんですけどねぇ。

 

ついつい、自分のことより、幸せの一歩手前にいる人や、人生の分岐点にいる人たちのことを、考えちゃうんですよねぇ。

 

私がしてあげられることなんて、幸せを祈ってあげることだけなんですけどねぇ。

 

皆様の未来に、幸多からんことを、お祈り申し上げます。

 

ページ TOPへ