カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/5/14 それも信頼の証拠

現在勤めている職場は、まあ個人事業の延長みたいなところですから、いろいろ突っ込みどころがあるわけです。

 

なかでも、驚くのが勤務時間。

 

師匠の一言で、勤務時間がコロッと変わります。

 

私の場合、最初13時~20時で、水土日休みだったわけですが、これが月曜以外は9時半~17時に変わり、水曜出勤の代わりに好きな時に休みを取ってよし、と変わったわけです。

 

同僚は、日月休みで、13時~20時半だったのが、14時~21時に変わりました。

 

完全に飲み会に絶対参加の時間配分(笑)

 

これを見て、私のほうが勤務時間が短いじゃないか、と思う人はいるかもしれません。

 

その代わり、私は二つのカルチャー教室を担当していますからね。

 

その日は9時半から20時30分まで働いていることになりますのでね。

 

おそらく、これが5月になると、休みが全部なくなって、6月になったら、それこそ24時間働く状態になってしまうかもしれません(笑)

 

一応労働基準法は守っている(?)とは思うんですよ。

 

飲んでいる時間を勤務時間と数えなければね(笑)

 

その点に関しては、私よりも同僚のほうが大変ですしねぇ。

 

飲み会断って帰ればいいものを、師匠の言うがままに師匠にくっついてますからねぇ。

 

私なんか、目の前で師匠が自慢していても、「すごいですねぇ、で、この件に関して何ですが」と、自分の仕事が優先です。

 

まともに師匠の話聞いていたら、軽く1時間は捕まっちゃいますからね。

 

飲み会にしたって、自分の意志で切り上げないと、最後までつき合わされちゃいますからねぇ。

 

ついでに、立ち位置も相変わらず違います。

 

同僚などは、やはり経営者側の視点でものを見るわけです。

 

まあ師匠もそういう視点ですからね。

 

私は相変わらず生徒さん目線。

 

できる限り生徒さんと話をして、いろいろと関わって、文句を言われて(笑)

 

直接文句を言われるのも、信頼されている証拠ですからねぇ。

 

私としては、師匠と経営や将来の話をするよりも、生徒さんたちと日常の会話をしているほうが楽しいですしね。

 

こういうの書いていると、つくづく私は変わっているよなぁ、と感じますよ。

 

ページ TOPへ