カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/5/7 大風呂敷

まずはお詫びです。

 

5月6日の心理学講座「レッツ・チャレンジ!」ですが、再掲載であることの指摘を受けました。

 

誠に申し訳ありませんでした。

 

では、本編です。

 

最近、物の例えが上手いとよく褒められます。

 

いろんな人からね。

 

で、今回はその話も少し絡んでおります。

 

元々、師匠は最初に大風呂敷を広げて、それに現実を照らし合わせていくわけです。

 

で、私の仕事は、現実的な目線から、広げた風呂敷の端っこを少しずつつまんで、風呂敷の中心に集めてコンパクトにしていく作業です。

 

実際、実務的なことが増えてきた昨今、私の意見が取り上げられることが多くなり、また金銭的な理由や、法的な理由から、軌道修正を迫られることも多々あるわけです。

 

そんな中、うまく風呂敷をたたみ始めたと思ったら、まあこちらの都合も考えずに、再び風呂敷を広げようとする輩もいるわけですよ。

 

師匠もあきらめていたのに、再び風呂敷を広げ始めるしね。

 

せっかく小さくまとめた風呂敷なのにねぇ。

 

まあそれも、これから出てくるであろう現実的な問題の前に、どこまで風呂敷が持つかどうか、といった具合になるのでしょうね。

 

本当、皆が自分の意見を主張するのは一向に構わないんですよ。

 

ですが、それがどれくらいこちらの負担になるか(時間的にも金銭的にも、肉体的にも)そんな配慮をしてくれる人なんて、ほんといないですねぇ。

 

ただ、私は師匠の指示に従って、それを現実的に照らし合わせて、実現可能かどうかをシミュレートしていくだけですからね。

 

言うは易し、行うは難し

 

なんてことわざがありましたねぇ。

 

ほんと、毎日がこんな感じですよ。

 

このまま行くと、5月は地獄だなぁ。

 

そうならないように今まで努力してきたんですけどねぇ。

 

イベントまで一ヶ月足らず。

 

ま、やれるだけのことはやりましょうね。

 

ページ TOPへ