カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

ラストスパートの直前

自分はいったい、何がしたいんだろう。

 

どうしたいんだろう。

 

なんて考えることって、ありませんか?

 

自分が進むべき道を見失うときがあります。

 

それは、ちょっと道に迷っているような感じだったり、暗闇の中に立ち尽くしているような感じだったりします。

 

自分がどこへ進めばいいのか迷った時。

 

そこから抜け出す方法というのはいろいろあるわけです。

 

ですが、この迷いに中に入り込んでしまった時、必ずしてほしいことがあるわけです。

 

それは、「どうしたいか」ではなくて「何ができるか」を考えることです。

 

迷っているときって、自分が進んできた道筋が間違っていたのではないか、と負担になります。

 

でも、間違っていたかどうかなんて、実はたいした問題ではないんです。

 

言い換えれば、間違っていてもいいんですよ。

 

大切なことは、自分にできることをピックアップし、その「できること」の延長上に、突破口がある、ということです。

 

道を間違えたって、多少遠回りになるだけ。

 

本来自分が向かうべきところに、最終的に到着すれば、迷ったって遠回りしたって、それは問題にならない。

 

ならば、自分ができることをして、自分自身に未来を預ける必要があります。

 

その結果、たくさんのものを得ることができるわけですよ。

 

迷っている状態から抜け出したくない人は、延々と迷い続けますけどね。

 

それでも、自分を信頼する

 

ことができるかどうかを、試されるわけです。

 

そして、恐れや不安を手放し、迷いのある自分を許し、それでも手を差し伸べてくれる誰かに、支えてくれた誰かに、感謝する。

 

そうすると、自分ができることが、「自分がすべきこと」になり、迷いの中から抜け出してくることができます。

 

ここまでくれば、実はゴールはかなり近いと言えます。

 

出口直前で振り返ってしまったオルフェウスや伊弉諾は、この迷いの中で光を見た瞬間、後ろを向いてしまって、愛する人を地上に戻すことができなかったんですよね。

 

自分がいくべき道が見えたとき、あとは後ろを振り返らずに一気に駆け上がってく。

 

もうそんな場所まで、自分が来ていることを意味しています。

 

自分はいったい、なにがしたいんだろう

 

そう思った時、ラストスパートの直前に自分がいることを、忘れないでくださいね。

 

ページ TOPへ