カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

たとえ無意味であっても

何もしてあげられない。

 

自分は何もできない。

 

自分にはなんの力もない。

 

そう感じてしまうことって、あるわけです。

 

たとえば、誰かが苦しんでいるとき、その苦しみをなくしてあげようと思っても、そんなことはできないと知るわけです。

 

すると、上記のような「できない自分」を痛感します。

 

これを、無価値感とか、無意味感、無力感というわけです。

 

さて、突然このようなお話から始まったわけですが、実はこのお話、大きな落とし穴があります。

 

二つもね。

 

一つは、自分が何とかする、ということに固執していること。

 

もう一つは、自分のできていることに価値を見ていないこと。

 

一つ目は、苦しみが緩和されるのであれば、基本誰がやったっていいわけですよ。

 

結果苦しんでいる人が、苦しみから解放されればいいわけですから。

 

でも、どこかで「自分が」その苦しみを開放してあげたかったという思いがある場合、それができない分だけ、自分を責めがちになります。

 

これ、自分を責めている結果なんですよね。

 

もう一つですが、そんな状況下でも、自分自身がやっていること、できることってあるわけです。

 

それは信じて待つことだったり、話を聞いてあげることだったり、手を握って励ますことであったり、ただそばにいてあげることであったり、祈ることであったり。

 

自分がやりたいことに目を向けてしまうと、自分ができることをおろそかにしてしまう。

 

そして、自分がしたことに対して、価値を感じなくなってしまう。

 

さみしい時にそばにいてくれた。

 

さみしがっている人からすれば、そばにいてくれたことで、すごくこころが軽くなったかもしれません。

 

ですが、そばにいた人は、ただそばにいることしかできなかった、と自分を責めてしまうかもしれませんね。

 

価値あるものを、価値のないものに感じてしまう。

 

これは、結果として、自己嫌悪を増やし、自己価値を下げる行為でしかありません。

 

それが、たとえ無価値であっても、

 

たとえ無意味であっても

 

自分を無力だと感じたとしても

 

できることをした自分は、認めてあげてくださいね。

ページ TOPへ