カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

先日、カウンセリングで相互自立の話になりました。 このお話は、以前に心理学講座でも書いたことがあるのですが、おさらいの意味も込めて、またこのことについて書きたいと思います。

先日、カウンセリングで相互自立の話になりました。

 

このお話は、以前に心理学講座でも書いたことがあるのですが、おさらいの意味も込めて、またこのことについて書きたいと思います。

 

相互依存

 

共依存

 

という言葉は実際に心理学の世界ではよくつかわれています。

 

相互依存とは、お互いが支えあい、お互いが成長していく。

 

共依存とは、お互いが傷をなめあい、その場にとどまり続ける。

 

でも、相互自立ということは、存在していません。

 

でも、私はこの「相互自立」という言葉をよく使います。

 

一般的に自立というのは「一人で生きていく」という意味合いで使いますから、相互自立という考え方から外れているわけですが、相互自立を簡単に表現すると

 

与えられた愛に報いる

 

ということになります。

 

もっと簡単に言えば

 

あなたのおかげです、ありがとう

 

これが相互自立の根っこと感じます。

 

よくスポーツ選手が、優勝したり金メダルを取ったときに、自分を支えてくれた人や、愛を与えてくれた人に対して「〇〇さんのおかげです」なんてインタビューで答えますよね。

 

努力したのは自分自身だし、結果を残したのも自分自身です。

 

つまり、自分で結果を勝ち取ったわけですよ。

 

でも、自分が手にした結果に対して、支えてくれた、愛を与えてくれた誰かがいてくれたから、自分はこうして結果を残すことができた、と感じられた時、その誰かに対して

 

あなたのおかげです

 

と感じられること。

 

これが相互自立なんだな、と私は感じるわけです。

 

さて、あなたは周りの誰かと、相互自立の関係を築けていますか?

 

ページ TOPへ