カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/4/6 今ある当たり前

やっぱ自分を大切にしてくれる人より、好きという気持ちの方が上なんでしょうかねぇ。

 

という当たり前なことを、ふと考えてみたわけです。

 

この人と一緒になれば、絶対幸せになれるだろうなぁ。

 

と思う人が、自分のことを好きでいたとしても

 

好きで好きでたまらないが、この人と一緒になっても、自分がすごく苦労するのは間違いない。

 

で、結果選ぶのは、幸せになれる人ではなく、苦労する好きな人。

 

頭では誰だって理解できる

 

でも、感情は納得してくれない。

 

人の心とはままならないものですよねぇ。

 

もちろん、自分が何を求めているのかによっても、相手の選び方は変わるわけで。

 

普通の幸せを求める人であれば、幸せになれる人を選択するでしょうし、幸せよりも、情熱や愛することそのものを優先すれば、幸せになれない相手を選ぶことだってある。

 

幸せになりたくない場合もね(笑)

 

今まで、自分が好きになった人と、自分を好きになってくれた人を思い浮かべて。

 

そして、今そばにいてくれる人を観察して。

 

自分が求めている幸せがどのようなものだったのか、それを読み解くことができるかもしれません。

 

今そばにいてくれる人と、毎日幸せを実感できるのであれば、当たり前の幸せを求めていたことになりますし、苦労する相手ばかりを選んできた過去があるとするならば、幸せよりも情熱や愛することそのものを重視していたかもしれません。

 

それが別に悪いわけではないんですけどね。

 

愛したいから愛するのか

 

愛されたいから愛するのか

 

自分がどちらの愛を選択しているのか、それは自分自身ですらわからないことでもあります。

 

私は、人が求める幸せって、当たり前の中にあると感じています。

 

だって、当たり前でいることって、すごく特別で素敵なことだと、私は感じますのでね。

 

いつも言っていることですが、当たり前のことが当たり前でなくなって、初めて相手の大切さを知る、なんてことがないように、当たり前を手に入れられたことに感謝できるような自分でありたいな、と思うわけです。

 

皆さんも、今ある当たり前を、大切にしてくださいね。

 

ページ TOPへ