カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/3/31 元嫁の話

前にコラムで神戸牛のすき焼きの話をしましたが、その後日談でございます。

 

余った神戸牛が2パックあり、うち1パックを友人に、もう1パックを元嫁にあげたんです。

 

で、久しぶりにあった元嫁から、とんでもない話を聞かさせました。

 

お肉とマロニーと一緒にもらった白い塊、あったでしょ。

 

あれ、おもちや思てたら、牛脂やったんやねぇ。

 

私、その話を聞いて目が点。

 

どこをどうやったらそんな間違いが起きるのやら。

 

で、よくよく聞いてみたら、私がマロニーと一緒に渡したことが原因なようで。

 

ひとこと牛脂だといえばよかったんですよねぇ。

 

で、おもちと思い込んでいた元嫁は、それを鍋に沸かしたお湯の中に入れたそうです。

 

そしたら、みるみる溶けてなくなり、お湯の表面に油の層ができていました。

 

そのとき、元嫁が「あ、牛脂か!」と確信したそうで。

 

ほんと、今も昔も、元嫁はネタの宝庫ですよ。

 

元嫁のネタでコラム書いたら、一年分はあるんじゃないか、というくらい出てきます。

 

ま、書きませんけどね(笑)

 

ちょうど自分の中でも、心の中を整理していた時期でしたので、そのタイミングで元嫁と話ができたことはうれしかったですね。

 

まあこんな感じですから、やっぱ周りからはいわれるわけですよ。

 

よりは戻さないんですか?って。

 

それについては、二人ともがはっきりと「もどりません」と断言しております。

 

私にとっても、元嫁にとっても、もう「家族」なんです。

 

なので、結婚しているとかしていないとか、そんなことどうでもいいんですよ。

 

よき理解者であり、話し相手であり、友人であり、戦友。

 

そんな感じなんですよねぇ。

 

もし、もしですよ。

 

この先私に新しいパートナーができたとしたら、パートナーにとって元嫁はこころ強い存在になることでしょうね。

 

ま、そんな予定みじんもないですけどね(大笑)

ページ TOPへ