カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/3/7 目的のためには手段を選ばない?

お仕事で仲良くなりましたとある会社の人と、ちょこっと話をする機会がありました。

 

その人の会社では、沖縄料理などを紹介している雑誌などを制作しているそうで、そこでちょっと聞いてみたんです。

 

沖縄土産で友人に一番喜ばれたのが、シークァーサー味のサーターアンダギーだったんです。

 

とね。

 

そしたら、その方も知らなかったらしく、興味を持ってくださいました。

 

こうやって話をしておけば、もしかしたらどっかの会社が作って販売してくれるかもしれませんからね(笑)

 

こうやって布石を打っておくことで、ほしいものが手に入ればいいですよねぇ。

 

そこで自分が商品を作って販売しよう、とは思わないのが私(笑)

 

ま、今の社会に適応できない私ですから、そんな人間が商売なんかするもんじゃないです(笑)

 

商売人として、購入者や利用者を幸せにするために、商品を販売するという考えもあります。

 

そうやって商売をしている人もいますからね。

 

たとえば、近所に1件しかないスーパーなんかは、そのスーパーがなくなったら、住民は買い物難民になってしまうわけですから、ないと困るわけですよね。

 

ただ普通に野菜や肉を売っているだけだとしても、生活になくてはならないものであれば、それは購入者や利用者にとっての幸せを支えていることになるわけですね。

 

問題なのは、経営方針、といったところでしょうか。

 

それが購入者や利用者のことを考えずに、ただ利益のためとか、私利私欲のために商売を利用してしまうと、結果として幸せな人と同じくらいの不幸な人を生み出してしまうかもしれません。

 

実際に行っていることがよいことのように思えたとしても、その目的によっては、利より害が大きくなる恐れがあるのでしょうね。

 

目的のためには手段を選ばない。

 

ですが、そのツケはどこかで払わされると私は感じているんでしょうけどねぇ。

 

ま、私が言ってもただの愚痴にしかなりませんけどね(大笑)

ページ TOPへ