カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/2/23 相手の言い分、私の言い分

私が働いている三線教室では、三線の販売も行っているわけです。

 

が、私の持っている三線のうち2棹は、別のところで作られたものです。

 

理由は、練習用だからそんなに高価な三線はいらない、ということでした。

 

で、去年いい材質の棹の三線を買ったわけですが、これがちょっと不興を買いましてねぇ。

 

まあいろいろと言われちゃったわけですよ。

 

もちろん、相手の言い分もわかります。

 

まがりなりにも私は講師ですから、講師が自分の職場で作った三線を使わないのは問題があるでしょうしね。

 

ほかにも、職場で三線を買わなかった理由はいくつかあるわけです。

 

まず、人口革の三線が欲しかったこと。

 

これは、将来海外に持ち出すときのためだったりするわけです。

 

それから、職場の三線は高級三線に特化していますから、練習用にはもったいないということ。

 

その分音の良さはすごいんですけどね。

 

あとは、普段使っているのは長棹で、通常の長さの棹が欲しかったんですよねえ。

 

以前にもコラムでちょこっと書いたことがありますが、長棹って、すごく音がいいんですけど、実はすごく演奏にコツがいるんですよね。

 

なので、練習用には向かないわけです。

 

あと、重いから持ち運びが大変(笑)

 

そういった自分なりの理由で、三線を手に入れたわけです。

 

ま、使えないなら使えないでそれは別に構わないんですけどね。

 

どうせ家で練習する用ですし。

 

私が受け持つ教室も減りましたし、たいしてうまくもないのだから、そこまで言われる筋合いもない気がしますけどねぇ。

 

言う側もそれなりに考えがあったということなのでしょうねぇ。

 

私にはどうでもいいことなんですけどね。

 

とりあえず、これ以上何か言われない限り、自分のやり方で行くことにしますかねぇ。

 

ページ TOPへ