カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/2/3 備蓄食料

東日本大震災以降、各企業でも非常食を備蓄するようになりましたね。

 

で、今日はそれに関するお話です。

 

もうすぐ授業が始まるぞ、という時間で電話がかかってきまして、受けてみると、教室の近所に職場がある生徒さんからだったんです。

 

最初何を言っているのかさっぱりわからなかったのですが、わかったのは運ぶのを手伝ってほしいとのこと。

 

で、ダッシュで生徒さんのところに言ったわけです。

 

そしたら、一斗缶を抱えてるわけですよ。

 

歩きながら話を聞いてみると、職場が備蓄していた乾パンが消費期限を迎えており、入れ替えを行っているらしく。

 

そして、古くなった乾パンを持って帰っていいよ、とのことだったのですが、誰も持って帰らない。

 

このままだと、全部廃棄になってしまう。

 

もったいないので、三線教室なら消費できるだろうということで、持ってきてくれたんです。

 

で、早速練習の後乾パンを一袋(5枚入り)をいただいたんですよ。

 

そしたら、たった5枚食べただけなのに、おなかいっぱいになっちゃいましてねぇ。

 

さすが乾パン!

 

で、まだ大量にあるということで、個人的に私もいただくことにしました。

 

一斗缶二つ分、128食です。

 

いやあ、運ぶの重かった〜(笑)

 

カロリーメイトを大量にもらったイメージですね(笑)

 

乾パンって、基本飲み物と一緒でないと、すごく食べにくかったりします。

 

あと、味が単調なので、飽きることはあるかもしれませんね。

 

もちろん我が家でも食料の備蓄は多少やっておりまして、定期的に入れ替えを行っております。

 

最近では、パンの缶詰やα強化米なんかあったりして、備蓄食料もおいしくなっておりますしね。

 

私の経験上、とりあえず3日しのげればなんとかなる、というのがありますからね。

 

備蓄食料を消費するのも、一種の防災訓練かもしれません。

 

皆さんも、時々備蓄食料を確認してみてくださいね。

 

ページ TOPへ