カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

与えることで自分を満たす

前回のお話は前置きで、今回から本番になります。

 

与えることで自分を満たす

 

というのが、本日のテーマです。

 

これはどういうことかと言いますと、自分を満たす方法って、ただただ誰かから与えられたり、誰かから奪わない限り満たされない、と思っている方もいるようですが、実際には「人に与えることで、自分自身を満たす」という方法があるんですよね。

 

前回のお話のように、自分に興味を持っていくと、多くの場合自分の中だけで完結しがちになります。

 

それは、周りが見えなくなってしまうのと同じなんですよ。

 

しかし、そこで「誰かに伝えること」を考え始めたとき、相手に伝える方法を考え始めるわけです。

 

そして、相手に伝わった瞬間、相手がどう反応してくれるのかを想像します。

 

そこで、相手が驚いてくれたり、喜んでくれたりしてくれたら、伝えてよかったと思うわけです。

 

自分自身が、人に対して何かを伝えることができた。

 

そして、伝えたことで、相手が笑ったり喜んだり、楽しんだりしてくれた。

 

この相手の二つの事象が起こることで、伝えた自分自身の心は満たされるわけです。

 

ところが、自分を満たそうと思って同じ行動をしても、なぜか心は満たされないんですよ。

 

不思議ですよねぇ。

 

理由は、自分を満たそうと思っている段階で、意識のベクトルは自分を向いたままで、相手に向いていないんですよ。

 

つまり、与えることで満たされるためには、意識のベクトルが正しい方向を向いていることが大事なわけです。

 

自分の心と、相手の心にバランスよくベクトルが向くことによって、お互いが満たされる条件がそろう。

 

言い換えれば、ただ自分の欲だけで行動をしても、心を満たすことは難しいし、それが犠牲や罪悪感からくる行動でも、自分も相手も満たされることはないわけです。

 

人の心を満たし、自分の心も満たされる。

 

ここに、与えて満たされる極意があるみたいですね。

 

さあ、あなたもこの極意を極めてみませんか?

 

ページ TOPへ