カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2019/1/16 シンプルがいい

インターネット回線と携帯電話、電話回線を一つの会社にまとめることにしたのですが、その手続きがいろいろとめんどくさくてねぇ。

 

まあ、なかなかスムーズにいくことなんてありませんよ。

 

おかげさまで、インターネットにつながらない期間が1週間ほどできてしまう始末で、さらに工事費等全額負担なんていっていても、実際はそれなりの額を負担することになりますしねぇ。

 

ほんと、面倒くさいったらありゃしない。

 

というか、これだけいろいろと電話会社から説明を聞いても、結局理解しきれないわけですよ。

 

料金体系とか、手続き方法とか。

 

私でこれだけ苦労するわけですから、多くの同年代の方や、IT系に詳しくない方などは、本当に苦労するか、企業の言いなりになっているのかもしれませんね。

 

自分の親を見ていてもそう思いますからね。

 

また、私自身も説明してもうまく理解してもらえなかったり、曲解されたりという経験はしょっちゅうしているんですよねぇ。

 

そういう意味で言ってないのに、そう解釈されてしまったかぁ。

 

と思うことが、このコラムを書く直前にもありましたしね。

 

多様性がある、ということはいいことだと思うんですよ。

 

いろいろと選べるわけですからね。

 

でも、複雑なものって、なかなか受け入れられないんですよ。

 

どんないいものであっても、複雑なものって、あまり受け入れられないわけです。

 

シンプルが一番、ということになるわけですよ。

 

ところがねぇ、世の中って、なんか複雑なことが、すごいことのように感じられる人が多かったりもするんですよねぇ。

 

それって、結局わかったつもりになっただけで、実際には何一つ理解できていなかったりするわけですけどね。

 

じゃあ複雑なことを理解できていることがすごいのか。

 

それはそれですごいとは思いますけど、いちばんすごいのは、すごく複雑で難しいことを、誰もがわかるようにシンプルに説明できることが、一番すごいのかなぁ、と感じるんですよね。

 

昔難しい心理学用語を使って「俺ってすごい」カウンセラーを演出していた仲間がいましたが、そう人ほど私が近づくのを嫌がってましたね。

 

なぜなら、その用語について私が質問するからです(笑)

 

言葉の意味を理解できていないことが、私が質問をすることでバレてしまうから、近づいてほしくなかったんですねぇ。

 

こういうときはすごく意地悪な私(大笑)

 

まずはシンプルに物事をとらえていく。

 

そこに自分が求めるものがあるかもしれませんよ。

 

ページ TOPへ