カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2015/12/16 今年を表す漢字

読売新聞の記事で、2015年の世相を表す漢字が「安」だそうです。

まあお決まりですが、私自身の今年を漢字で表せば、間違いなく「失」ですね。

今年は本当に多くのものを失いました。
そのすべてがじぶんが原因ではありますが。

いつもであれば、失った以上に得るものがあるのですが、今年はあまりに失いすぎて、何も得る事なくここまで来てしまいましたね。
まあカウンセラーとしては失格ですよ。

以前にもコラムで書きましたが、今年は人生最悪の一年でしたからね。
これ以上悪くなりようがないというくらいでしたから、まあこれだけ落ち着いていられるわけです。
もちろん、だからといって自分は不幸だ、とかは思っていませんよ。
今は今なりに幸せです。

本当に苦しいとき、周りを見回してみると、必ず自分を救ってくれるものがそこには用意されています。
そこに気付いて、手にする事ができるかどうかが大きいのでしょうね。

私にとって、私自身を救ってくれたのは、いつも音楽でした。

昔人生のどん底にいたときも、自分を支えてくれたのは音楽で、そのときはピアノ教室に通ってましたね。
今回は三線という事になりますなぁ。

私にとっての救いは音楽だったわけですが、皆さんの周りにも、皆さんを救ってくれる何か、誰かが必ずあります。

ちょっと目線を変えて、周りを見てみてください。

そこには必ず、皆さんを救う何か、皆さんを救いたいと思っている誰かがいます。

救わせる事も、また相手を救う事になりますからね。

 


カウンセリングスタディスクール トップページへ

ページ TOPへ