カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

「あの時ああしておけばよかった」と思う心理

あの時ああしておけばよかった

 

そう思うことって、ありますよね。

 

簡単な言葉に置き換えれば、後悔しているわけです。

 

あの時ああしていれば、今もっと幸せだったのに

 

あの時こうしていれば、彼と別れずに済んだかもしれないのに

 

あの時ああしなければ、今こんなに苦労することなかったのに

 

ま、人生なんて後悔の連続かもしれません。

 

でも、ここで気が付いてほしいことが二つあります。

 

一つは、「あの時ああしていれば」と思っているのは、今の自分であって、当時の自分ではそう思えなかったということ。

 

言い換えれば、当時の自分は、当時自分ができる限りのベストを尽くしただけのことで、今の自分がそれを理解しているからと言って、当時の自分にそれを求めても意味がないということです。

 

だって、当時の自分にはわからなかったか知らなかったわけですからね。

 

もう一つは、「あの時ああしていれば」と思えた分だけ、当時の自分より自分が成長した証拠です。

 

成長できたからこそ、自分の失敗を「失敗」と受け止めることができるわけですし、同時に「あの時ああしていれば」という答えを得ることができるわけですからね。

 

それを、今の自分と当時の自分を比較して、当時の自分はなんてダメなやつだったんだろうと思う。

 

これは意味がないわけです。

 

だって、過去の自分と経験を積んだ未来の自分を比較すること自体、意味がありませんからね。

 

後悔するというのは、過去を悔い、自分を責める行為なわけで、自分が成長したことを認める校にはならないわけです。

 

同時に、当時の自分は、その時できるベストを尽くした、ということを認められない状態でもあります。

 

これを、当時の自分はベストを尽くした。

 

失敗はしたけれども、あの時ああしていれば、と思えるくらい、自分は成長した。

 

失敗はしたけれども、間違いではなかった。

 

と感じることができれば、「後悔」ではなく「反省」ができるわけです。

 

後悔は過去を

 

反省は未来を

 

見据えた物ですからね。

 

ページ TOPへ