カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/11/23 私の課題

いろんな集まりがあって、いろんな人たちとお話をするわけですが、その中でも、自分的にはいろいろと感じるところがあるわけです。

 

どの集まりも、話をする分には楽しいわけですが、その中でもカウンセラー時代の仲間と話をするのが、正直一番話していて楽しいし、楽です。

 

自分でも気が付いていなかったわけですが、やっぱ親しい間柄であっても、気を使っているんですねぇ、私。

 

三線教室の仲間や同窓会などでも、話していると楽しわけです。

 

ですが、やっぱちょっと周りに対していろいろと気を使っている。

 

それが、カウンセリング関連の仲間と話していると、もちろん気を使っているところもあるわけですが、それでも他の集まりよりも肩の力が抜けているわけです。

 

私自身、気持ちの中で、いつまでもカウンセラーでありたいという気持ちがあって、自分自身が「カウンセラー」という肩書でみんなと接することが、どこか楽しいのかもしれませんね。

 

先日友人とお好み焼きパーティーをしたときに、私自身が気が付いたこと。

 

やっぱ、カウンセリングが好きで、これからもずっとカウンセラーでありたい。

 

という気持ちがあるわけですよね。

 

今までもずっとそのつもりでいたのですが、今回改めてそう感じたことで、今のスタイルのままカウンセリングを続けていこう、と感じたわけです。

 

もちろん、今のやり方では、カウンセラーとして食べていくことはできないわけですから、これもまた今まで通り、何か仕事をしながらカウンセラーを続けていくことになるでしょう。

 

最近では、三線教室でも、私がカウンセラーであることが徐々に知れ渡っており、時間がある時はそのままそこでプチカウンセリングをすることもありますね。

 

だからといって、私自身カウンセラーとしてではなく、講師として働いているわけですから、そこらへんはちゃんと線引きをしてね。

 

でも、今まで以上に、受講生さんたちと交流する時間を増やしまして、できるかぎり皆さんと話をしていこうという姿勢になってきました。

 

しかし、そこでも自分のパターンが出るわけですよ。

 

基本私は権威を振りかざすのは好きではないので、権威を持った分だけ、皆さんには丁寧に接するようにしています。

 

上から目線になるのではなく、できるだけ同じ目線でいられるようにね。

 

でないと、いろんなことを見落としてしまったり、話しにくくなったりしますからね。

 

権威を持つということは、影響力が強くなることでもありますからね。

 

初心を忘れない

 

感謝を忘れない

 

これが今の私の課題でもありますからね。

 

ページ TOPへ