カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/11/8 結構大事な井戸端会議

先日、沖縄民謡を歌っていらっしゃる方のコンサートのチケットをいただきまして、見に行ってきたんです。

 

最近はどっぷり沖縄民謡ですから、さすがに慣れてきましたよ。

 

曲も全く知らない・わからないということもなくなりましたしね。

 

曲を知っていると、それなりに楽しめるものです。

 

それに、他の三線や沖縄民謡の教室、エイサーなどを見る機会って、あまりありませんからね。

 

いろいろと学ぶところが多くありました。

 

最近は芸術の秋にふさわしく、映画を見に行ったり、コンサートを観に行ったりと、そういった機会が増えておりますね。

 

今度はフラメンコを観に行く予定ですし(笑)

 

で、今日はその話ではなく、コンサートの後の飲み会の話です。

 

先月、珍しく三線仲間と飲みに行ったわけですが、またまた別の三線仲間と、コンサートを見た後に飲みに行ってまいりました。

 

前回は私がしこたま愚痴を言わせていただいたわけですが、今度は私が愚痴を聞く番です(笑)

 

先に結果を言いますと、5時間ずっとしゃべりっぱなし(笑)

 

まあ私に限らず、みなさんいろんなものが溜まりに溜まっているわけです。

 

でも、このまま溜めっぱなしでは、どこかでひずみが生まれたり、人間関係に問題が生まれてきますのでね。

 

こういう時間も必要というわけです。

 

ただ、実際には聞きたかった話や聞きたくなかった話など、良し悪しにかかわらずいろんな話題になってしまいますから、時々しんどくなるんですけどね。

 

で、いろんな人の愚痴を聞いておりますと、見えてくることがあるんですよね。

 

私がずっとコラムで話していた問題児の方々。

 

当然のごとく、ここでも出てきましたよ。

 

ほんと、憎まれっ子世にはばかりますなぁ。

 

同時に、師匠にもずいぶん敵が多いということがわかりまいた。

 

ま、リアルジャイアンですからねぇ(笑)

 

でも、実績を残しているから、認めざるを得ない、という話らしく。

 

半分は妬みで言っている部分があるのでしょうねぇ。

 

そのほかにも、問題児について心理分析をしたり、カウンセリングの話をしたりして、それこそ気が付いたら5時間たつわけですよ

 

久しぶりに楽しい時間を過ごすことができたわけです。

 

こんな形でも、皆さんと交流ができて、ガス抜きもできて、全体が円滑にいくのであれば、大した苦労ではないわけです。

 

私自身、楽しませていただきましたしね。

 

井戸端会議がいかに大切なものか、なんか実感した一日でした。

ページ TOPへ