カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/10/20  小話三つ

クレーマー

先日、カウンセリングをしておりまして、クレーマーの話になったんです。

 

で、私が何となく感じたこと。

 

クレーマーの人って、友達いるんだろうか?

 

そりゃあ、相手から理不尽なことをされたり、不安があまりにも大きい時などは、クレーマーと同じような態度になります。

 

ですが、それは理不尽が解消されたり、不安が取り除かれればおさまるものです。

 

でも、最近のクレーマーは、本当にどうでもいいことにもクレームをつける人もいたりするわけですよ。

 

クレーマーって、しばしば八つ当たりの場合もよくあるんですよね。

 

そんなのって、昔は井戸端会議なんかで発散していたわけですが、そういったクレーマーさんの話を聞いて、最近井戸端会議する人が減っているのかなぁとか、井戸端会議してくれる人がいないのかなぁ、とか感じてしまいます。

 

そう考えると、もちろんすべてのクレーマーがそうだとは言いませんが、実はさみしい人が多いのかもしれないのかなぁ、と感じます。

 

ま、そういう人たちって、自分の言動や行動で、自分をさみしくしてしまっているんですけどね。

 

そんなんで自分の感情を発散しても、すっきりしないだろうになぁ。

 

 

空っぽ!

 

山手線で電車を待っていたんです。

 

そしたら、電車が入ってきたので見てみると、1両目に誰も載っていない。

 

今日はえらい空いてるなぁ、とか思ってたんですよ。

 

そしたら、2両目も3両目も空っぽ。

 

この駅が始発電車か?

 

とか思ったわけですが、よく見ると「試運転」の文字が。

 

納得です。

 

でも、日本で一番利用者の多い山手線で、突然誰も載っていない電車がやってきたら、さすがにびっくりしますよ。

 

ま、ちょっとしたおとぼけ話でした。

 

 けが

転んで手をけがして、もうすぐ1か月になります。

 

傷は当然とっくに治っているのですが、どうやら親指の筋を痛めてしまっていたらしく、太鼓のばちなどを持ったり、本などをつかんで持ち上げるといった動作がいまだにできません。

 

一番つらいのは、パソコンでキーボーを使っているとき。

 

痛いんですよねぇ、これが。

 

ま、どうしても後遺症みたいなものが残るのは予想していましたが、湿布の消費量がハンパないのはちとつらいところです。

 

早く治ってほしいですなぁ。

ページ TOPへ