カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

「なんで自分ばかり」と思う心理①

なんで私ばっかり

 

なんて思うことって、ありませんか?

 

人生いい時もあれば、悪い時もあります。

 

で、悪いことが長く続いたり、つらいことがたびたび怒ったりすると、ついこう思ってしまうことって、あるわけです。

 

思うこと自体に問題はありません。

 

そう思いたくなる時だってありますからね。

 

でも、「なんで私ばかり」と思うだけでなく、それを誰かのせいにしたり、報復したり、そのことを理由に怠惰にふるまったり、なんてことはよくないわけです。

 

なんで自分ばかりがこんな思いをするのだろう。

 

そう思うときって、ある二つのことが心の中で起きています。

 

一つは、比較。

 

なんで自分ばかりが、と思っているときって、必ず誰かと、何かと比較しています。

 

それが人なのか、昔の幸せだったころの自分何かはわかりませんが、その比較によって、相手よりも、昔の自分よりも不幸な自分だと、自分の心の中で認識しているわけです。

 

もう一つは、孤独です。

 

なんで自分ばかりが、と思っているときって、自分の殻に閉じこもっているときが多いんですよね。

 

言葉自体が愚痴のレベルで、酒の席で出てくる程度なら問題はないわけです。

 

が、どこかで周りと自分とのつながりを遮断して、比較する対照を今の自分よりも良いものだけに限定し、そして自分が世界で一番つらいんだ、と自分自身に思い込ませていく。

 

なんで自分ばかり

 

と考えてしまう状況は、柔軟な思考を奪い、本来自分がすべきことから目をそらし、逃げている自分を正当化する言葉なのかもしれません。

 

ただし、例外もあります。

 

それは、自分ではどうしようもない状況の中で感じる場合。

 

もっとわかりやすく言うのであれば、虐待やDVなどですね。

 

こればっかりは、自分の力だけではどうしようもありません阿kら、誰かの力を借りないと、本当にどうしようもないわけです。

 

なんで自分ばかり

 

そう感じたときは、一度自分を客観的に見る時間と視野が必要なのでしょうね。

 

上には上がいる

 

という言葉があるように

 

下には下がいる

 

というのも事実です。

 

なんで自分ばかり、と考えてしまったら、そこから抜け出すために、全力を尽くしてみてくださいね。

 

ページ TOPへ