カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/10/3 やっぱり歴史は面白い

最近、暇なときにネットで動画をいろいろとみているのですが、その中でも特に歴史ものをよく見ています。

 

それはドラマというよりも、考古学に近い内容のものばかり。

 

例えば、ピラミッドの謎に迫る、とかね。

 

他にも、超常現象とかそういったものもよく見たりします。

 

面白かったのが、都市伝説の謎に迫る番組があって、結構かぶりつきで観てしまいました。

 

で、歴史ものや都市伝説などを観ていて感じたこと。

 

私たちが持っているイメージと、資料から得られた史実とでは、随分違うということ。

 

まあ歴史の場合、新しい資料が発見されれば、内容がごっそり変わってしまいますからね。

 

私たちが学生のころの歴史と、今の子供たちが習っている歴史にはかなり違いがあるのは、皆さんもご存知ですよね。

 

また、ドラマなどでイメージが強くつきすぎて、実際の人物像とかけ離れてしまったケースなんかもありますよね。

 

例えば東山金四郎。

 

町奉行だったわけですが、実はそれほど有名な人ではなかったらしいそうです。

 

町奉行というのは、南と北に二人の奉行がいて、定期的に南と北を交代しながら奉行を務めていたんだとか。

 

その時、東山奉行と一緒に奉行をしていた人が、かなりひどい奉行だったそうで、町の人たちからは「その奉行よりも東山様のほうがまし」ということで、評価が高かったんだとか。

 

でも、東山奉行の前に奉行をしていた人がすごくいい人だったみたいで、その人の功績と遠山金四郎が合わさって、東山の金さんになった、という話を、随分昔に聞きました。

 

本当かどうかは知りませんけどね(笑)

 

そのほか、日本の男色、いわゆるLGBTですが、なんと奈良時代から文献に記録が残っているんだとか。

 

昔の日本では、男性同士の性行為は以外とオープンだったそうです。

 

江戸時代の文献には、トランスジェンダーと思われる女性の記録が残っていたりね。

 

様々な精神疾患等は、ここ20年程度でいろいろな名前がついてきたり、解明されてきたりしてきたわけですが、やっぱり昔からそういう人達がいたということですね。

 

やっぱたまにこういった歴史や考古学に触れるのって、個人的に勉強になったりして楽しいですね。

 

 

ページ TOPへ