カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/9/29 濡れ衣

職場にいって師匠と打ち合わせをしているとき、電話がかかってきました。

 

講師のお母様からでした。

 

なんでも、警察から電話があったらしく、接触事故を起こしたということで、今すぐ本人と連絡を取りたいとのこと。

 

慌てて、講師に連絡を取ってみます。

 

呼び出し音は鳴るのですが、本人は出ません。

 

そのあと私は職場を離れたので、どういう状況になっているのかわからなかったのですが、翌日本人と会うことができましたので、経緯を聞いてみました。

 

そしたら

 

信号停車中に本人の目の前で、黒い車と自転車が接触したらしく、黒い車はそのまま走り去っていって、自転車の男は講師の車を写真に撮ったんだそうな。

 

この段階で、完全に濡れ衣です。

 

本人は仕方なく警察に行き、2時間近く待たされたうえ、話をして、誤れば許してくれるかも、なんて言われたそうです。

 

接触した車と同じ色だった、というだけでこの仕打ちですからねぇ。

 

で、車を警察に見せたところ、当然接触なんかしてませんから、傷なんて全くないわけです。

 

で、自転車側の勘違いということで解放されたそうですが、なんとも後味の悪い話ですよ。

 

まあ本当に事故を起こしてなかったから、こちらとしてはほっとしているんですけどね。

 

しかし、一歩間違えたら冤罪ですよねぇ、これって。

 

こういうことって、日常の中で当たり前のようにあるのかもしれませんねぇ。

 

それにしても、このモンスター被害者。

 

いったい何を考えているのでしょうねぇ。

 

私から見れば、怒りの持っていきようがないから、同じ黒い車に八つ当たりした、としか思えないんですよね。

 

こういう手合いって、たとえ誤っても許すとは思えないんですよねぇ。

 

できることなら、関わり合いになりたくない人種ですし、遭遇したくないお話ですなぁ。

 

 

ページ TOPへ