カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/9/18 全治2週間

さて、持病が痛み出したのと同じ日。

 

その日は朝から身体に異変がありました。

 

寝違えてしまって、右半身がうまく動かなかったんですよねぇ。

 

まあそれでも生活に支障がなかったので、そのまま過ごしていたわけです。

 

が、コラムでこのことを書くということは、何かあったわけですね(笑)

 

ええ、ありましたとも(笑)

 

宴会が終わって、駅に向かって帰る途中、道路上で思いっきりこけました。

 

右半身が自分が思っている以上に動きが悪くて、右足が躓いてしまったんです。

 

はでにヘッドスライディングを決めてしまいました。

 

家に帰って、擦り傷を治療したわけですが、まあ右手首の痛いこと痛いこと。

 

朝になって青たんができていたら、病院に行こうと思い、湿布を貼って寝たわけです。

 

で、翌日。

 

しっかりと青たんができておりましたので、ほんとは免許の更新に行こうと思ったのを変更して、病院に行きました。

 

レントゲンの結果、骨に異常はないとのことでしたので、安堵しましたが、いかんせん全治2週間。

 

三線が演奏できるかどうか不安です。

 

で、教室に行って実際に三線を演奏してみたら。

 

やっぱ痛い(笑)

 

しばらくは練習もあまりできないかもしれませんね。

 

体調を崩したりすると、やっぱ自分自身の感覚もずれてきちゃいますよね。

 

いつもであれば上がる右足が上がらなかったり、いつも当たり前にやっていることができなかったり。

 

そして、今回利き手を負傷してしまいましたので、まあ何かと不便極まりないです。

 

箸やペンとかは何とか持てるのですが、着替えとか、洗いものとか、とにかくものを持つことができないわけですよ。

 

で、今まで右手でしていたことを、左手がカバーするわけですが。

 

歯磨きひとつうまくできないわけです。

 

いかに自分の右手に頼っていたのか、けがをして思い知らされますよね。

 

不自由になって、初めて当たり前に働いてくれていた右手のありがたさがわかるわけです。

 

地震などで水が出なくなり、3週間ぶりに水道から水が出た時の感動を思い出しますね。

 

今ある当たり前に、ちゃんと感謝しないといけないなぁ、と心から思いました。

 

ページ TOPへ