カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/9/17 誰かが誰かを支えている

ふと、自分の未来を想像したとき。

 

なかなかにハードな未来だなぁと感じる時があります。

 

楽しくはありますけどね。

 

でも、ふとそこで感じるわけですよ。

 

誰にも頼れない。

 

誰にも話せない。

 

自分で道を切り開いていくしかない。

 

さすがにこの状況は、しんどいなぁ。

 

こころの支えが必要になるとき。

 

それは、依存する時ではなくて、険しい道を切り開こうとするとき。

 

そこには、恐れや不安がたくさんあるわけです。

 

自分一人では抱えきれない感情が、たまっていくわけですよ。

 

それは何らかの形で身体の外に出さないと、自分自身を傷つけてしまう事になりますからね。

 

それが色事や暴力など、悪い方向に向く事もあるわけですよね。

 

一番きついのが、自分自身のこころが壊れないように耐えること。

 

こころを支えるというのは、自分が自分でいられるために、誰かに支えてもらう事、なのかもしれません。

 

それがパートナーであったり、家族であったり、友人だったり、赤の他人だったりするかもしれません。

 

で、ここでふと気がついたこと。

 

誰にも支えられていないと感じている時、それは、自分が望む支えられ方にこだわっている時かもしれません。

 

その自分のこだわりを手放した時、自分がたくさんの人に、今も支えられている事に気がつけるのかもしれませんね。

 

そして、自分の存在が、誰かを支えている事に気がつく事ができれば、こころはきっと大きく成長するのでしょうね。

 

誰かが、自分を支えてくれている

 

誰かを、自分が支えている

 

あなたも、きっと誰かを支えているんですよ。

 

 

ページ TOPへ