カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/9/11 手放すと入ってくるわけですな

断捨離を思いっきりやっていた時、三線仲間に着なくなった作務衣をあげたんですよ。

 

ちょうどほしいと言っていたのでね。

 

で、その直後に上野の発表会で着物が必要ということになり、彼に着物を貸したんです。

 

で、イベントが終わって2か月以上がたち。

 

次のイベントで別の生徒さんが着物を貸してほしいということで、貸したままになっている着物のことを説明して「彼から着物を受け取ってください」と言ったんです。

 

そしたら、後で話を聞いたら、私が着物をあげたことになっていて、使ったら返してねと言われた、と聞いたんですよ。

 

およよぉ?

 

どこでどう話がそうなっているんだろう。

 

作務衣はあげたけど、着物をあげた記憶がないなぁ。

 

ただ、当時はなんでもかんでも処分していた時でしたので、着物をあげるともしかしたら言ったかもしれない。

 

正直、覚えてません(笑)

 

まあ、今後私がステージに立つことがないのであれば、着物なんて持っていても仕方がないのでね。

 

最初は「あげてないよぉ」とか言ってましたが、もういいや、という気持ちになりました。

 

正直、こんなことであれこれもめるのがばからしいんですよね。

 

もうほしければやるよ。

 

くらいな感じです。

 

まあ、前回のコラムで書いた通り、辞めることも覚悟しているわけですから、もし辞めることになったら、着物なんて持っていても仕方がないのでね。

 

それに、本当に今後イベントには参加できないなぁ、という気持でもありますし。

 

忙しいですからねぇ。

 

もうねぇ、これだけややこしいことがあれこれ重なってくると、ちょっとしたことなんてどうでもよくなりますよ。

 

てなことを考えながら、このコラムを書いている最中に、着物を貸した本人から電話がありまして。

 

結果として着物が返ってきました。

 

手放したら戻ってきちゃいました(笑)

 

ま、こういうこともないとね(笑)

 

後日談ですが、最近ネットで購入したリサイクル着物を、彼にあげることにしました。

 

そのために私はこの着物を購入したんですねぇ。

 

世の中に無駄はないですなぁ。

 

ページ TOPへ